TOPへ
     
.
セキュリティ対策は何故必要か?>企業内の情報を守るため
セキュリティ対策は何故必要か?

企業内の情報を守るため

  企業内において保護すべき情報には大きく分けて「個人情報」と「企業内機密情報」の2種類があります。「個人情報」については御存知の通り「個人情報保護法」が2005年4月より施行されました。「個人情報」も「企業内機密情報」も守らなければならない大切な情報です。

 

「個人情報」とは

   

個人情報保護法で定義されている「個人情報」とは以下の通りです。

 
法第2条第1項
   

この法律において「個人情報」とは生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものも含む)をいう。

   

「個人情報」は氏名や生年月日など文字や数字で表現される情報に限らず映像、音声も含まれます。その他身体、財産、職種、肩書きなどの属性に関する情報も含まれます。 
「個人情報」が暗号化されている、されていない(第3者が簡単に閲覧できない状態であるかどうか)は問われません。
また「死者の情報」であったとしても生存する遺族(個人)を識別できる情報であった場合は「個人情報」になります。
「個人情報」の「個人」とは日本人だけに限らず外国人も含まれます。
法人、その他団体については「個人情報」ではありませんが従業員、役員に関する情報は「個人情報」になります。

 

「企業内機密情報」とは

   

  企業内に存在する企業が利益を生むため、企業を存続させるため、企業を維持するために必要な情報のことを言います。
 
代表的な企業内機密情報は以下の通りです。

情報の種類

経営情報

展開計画情報、在庫情報 など

財務情報

合弁計画情報、予算情報、融資申し込み情報など

研究開発情報

研究報告書、プロジェクト仕様書など

マーケティング及び広報情報

お客様個人情報、販促情報など

人事情報

社員の給与情報、異動情報など

 


Copyright (C) 2006 AIBSC All Rights Reserved.