あいち産業労働施策GUIDE 目的
新型コロナウイルス感染症に係る中小企業への支援
相談窓口の開設
・「中小・小規模企業総合相談窓口」における相談対応 ・「労働相談窓口」における相談対応 ・労働に関する相談会の開催 ・中小企業支援制度の利用料の減免 ・中小企業支援制度の利用料の減免
県融資制度の拡充
・【大規模危機対応】 ・【セーフティネット】 ・【経営改善等支援】
愛知県中小企業者等応援金
・愛知県中小企業者等応援金
中小企業の事業継続計画の策定支援?
・中小企業の事業継続計画の策定支援?
商業・流通業等への支援
・商業振興事業費補助金?(地域商業活動活性化事業(新型コロナウイルス感染症対策事業) ・げんき商店街推進事業費補助金?
新型コロナウイルス感染症対策新サービス創出支援事業?
・新型コロナウイルス感染症対策新サービス創出支援事業?
企業立地の支援?
・企業立地の支援?
産業立地企業等に対するテレワークの導入促進及び時差出勤の呼びかけ通商課
・産業立地企業等に対するテレワークの導入促進及び時差出勤の呼びかけ通商課
Web版合同企業説明会の開催?
・Web版合同企業説明会の開催?
採用活動・インターンシップのオンライン化支援?
・採用活動・インターンシップのオンライン化支援?
観光関連事業者等への支援?
・観光関連事業者等への支援?
創業や新たな事業・分野に挑戦するために
新規創業・経営革新・生産性向上のために
・(公財)あいち産業振興機構 ・よろず支援拠点 ・スタートアップ支援 ・豊橋サイエンスコア ・資金面からの支援 ・産業競争力強化法による支援 ・中小企業等経営強化法による支援 ・農商工等連携促進法による支援 ・地域未来投資促進法による支援 ・中小企業等協同組合法による支援 ・女性の創業支援 ・外国人の創業支援 ・愛知県雇用労働相談センター
技術開発を進めるために
・研究開発・実証実験の支援 ・技術相談・支援 ・「知の拠点あいち」における研究開発の推進
経営基盤の強化のために
事業資金確保のために
・県融資制度 ・小規模企業者等設備貸与制度 ・信用保証制度 ・クラウドファンディングを活用した支援 ・政府系金融機関による融資制度 ・中小企業投資育成(株) ・貸金業者に関する相談指導 ・事業承継による金融支援
経営資源の充実のために
・企業経営アドバイス ・経営相談 ・知的財産を活用した経営支援 ・法律支援 ・BCP(事業継続計画)の作成支援 ・愛知ブランド企業
小規模事業者、下請事業者などの発展のために
・経営改善普及事業 ・小規模事業者経営革新支援事業費補助金 ・小規模企業共済制度 ・中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業(中小企業119専門家派遣) ・資金面からの支援 ・取引の紹介・あっせん ・中小企業倒産防止共済制度(経営セーフティ共済)
商業・流通・サービス業、地場産業の振興のために
・商店街・中心市街地の活性化 ・流通・サービス業の振興 ・大規模小売店舗の新設・変更 ・地場産業の振興 ・伝統的工芸品産業の振興
事業の組織化・共同化を進めるために
・組合の活用 ・資金面からの支援
情報化を図るために
・デジタル技術の活用促進 ・デジタル活用人材の育成支援 ・IT活用の支援 ・産業情報の提供
エネルギー環境対策の推進のために
・エネルギー環境対策 ・省資源
人材育成・確保のために
愛知の産業基盤を支える人材の育成
・次世代産業を支える人材の育成・確保 ・次世代を担う科学技術人材の育成 ・産学行政が連携した産業人材の育成・確保 ・民間部門における職業能力開発の促進のために ・公共部門における職業能力開発 ・技能の振興
人材確保・就労支援のために
・雇用の維持・確保 ・若年者の就職促進
勤労者福祉の向上のために
魅力ある職場環境づくりのために
・仕事と生活の調和推進 ・働き方改革の推進 ・治療と仕事の両立支援 ・労働安全衛生対策の推進
労使関係の安定のために
・労働講座 ・労働環境改善の支援 ・労働相談 ・不当労働行為救済制度 ・あっせん制度 ・愛知労働局総合労働相談コーナー ・公益通報者保護制度
勤労者福祉の充実のために
・福利厚生制度の充実 ・自由時間の活用 ・労働者を雇ったときは
観光・コンベンションの振興のために
中小企業向け融資制度
外国人旅行者の受入れ環境の向上のために
・愛知県多言語コールセンター ・無料公衆無線LAN簡易接続アプリ(AICHI Free Wi−Fi Connect) ・観光事業者向けセミナー
観光プログラムの造成のために
・着地型観光プログラムの造成・販売支援
特産品の県外でのPRのために
・特産品の県外でのPRのために
県内観光関係者向けサイト
・県内観光関係者向けサイト
ハート・オブ・ジャパンあいち応援企業
・ハート・オブ・ジャパンあいち応援企業
MICEの誘致
・愛知・名古屋MICE推進協議会によるMICE誘致 ・愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo) ・愛知県高級ホテル立地促進事業費補助金
部署から選ぶ
勤労者福祉の向上のために
勤労者福祉の充実のために
労働者を雇ったときは >>
■労働保険
労働保険(労働者災害補償保険と雇用保険の総称)は、農林水産の事業の一部を除き、労働者を一人でも雇っていれば適用事業となり、事業主の方は、所轄の労働基準監督署又は公共職業安定所(ハローワーク)で成立手続きを行い、労働保険料を納付しなければなりません。
問い合せ先
労働基準監督署
一覧はURLからご覧ください
HOMEPAGEはこちら
公共職業安定所
各公共職業安定所
一覧はURLからご覧ください
HOMEPAGEはこちら
■健康保険・厚生年金保険
法人事業所で常時従業員(事業主のみの場合を含む)を使用する事業所若しくは常時5人以上の従業員が働いている事務所及び工場、商店等の個人事業所は、厚生年金保険及び健康保険の加入が法律で義務づけられています。
ただし、5人以上の個人事業所であっても、サービス業の一部(クリーニング業、飲食店、ビル清掃業等)や農業、漁業等はその限りではありません。
また、厚生年金保険及び健康保険の加入が法律で義務づけられている事業所以外の事業所であっても、一定の要件を満たした場合は、厚生年金等へ加入することができます。
常時従業員は、国籍や性別、賃金の額等に関係なく、すべて被保険者となります。(原則として、70歳以上の人は健康保険のみの加入となります。)
事業所が従業員を採用した場合等、新たに健康保険及び厚生年金保険に加入すべき者が生じた場合、事業主が「被保険者資格取得届」を事業所の所在地を管轄する年金事務所へ提出します。
問い合せ先
年金事務所
一覧はURLからご覧ください
HOMEPAGEはこちら
Copyright 2004 Aichi Industry Information Center All Rights Reserved