1. HOME
  2. DX支援
  3. デジタル技術導入伴走型支援事業

DX支援

デジタル技術導入伴走型支援事業

中小企業のデジタル化・DXの推進に当たっては、デジタル技術の導入や利活用に関心があるものの、「何から始めたらいいのか分からない」「どんなツールが自社に向いているのか分からない」などといった課題があり、多くの中小企業でなかなか導入に踏み込めない現状があります。
そこで、あいち産業振興機構では、国からの委託を受け、DXやIoTツール等の導入を具体的に支援する「デジタル技術導入伴走型支援事業」を実施します。IoTツールベンダーから直接支援を受けることで、社内の業務改善やDX推進のきっかけとなるほか、本格的な導入の前に、そのツールが自社に合ったものなのか事前に確認ができます。
デジタル技術の導入やDXに意欲のある中小・小規模事業者の方のご応募をお待ちしております。

1 事業の流れ

9月29日    デジタルツール提供事業者によるプレゼンテーションの開催
10月21日   デジタルツール導入希望事業者申請締め切り  ※プレゼンテーション不参加でも応募可能
10月下旬頃   選定委員会開催
10月下旬頃   デジタルツール導入事業者決定
11月上旬頃~  デジタルツール提供事業者による支援の開始
※支援企業には、DX推進指標の自己診断を実施していただきます。

2 対象者

中小・小規模事業者

3 支援企業数

15社

4 実証内容

希望ツールの提供事業者の支援を受け、導入を行います。

5 対象ツール  チラシのダウンロードはこちら

会社名 プレゼン時間 ツール名 ツールの特徴・支援内容
i Smart Technologies株式会社 10:05

10:25
iXacs(アイザックス)
IoTによる製造ラインモニタリングシステム
製造業の改善/生産性向上に必要なデータの取得とグラフ表示で製造ラインの「問題点を見える化」し、改善に繋げるIoTツールです。
iXacsを約2カ月運用し、現場の見える化に取り組みます。機器設置/iXacsシステム設定/運用方法の他、データ分析や改善の着眼点なども講座を交えて支援を行います。
株式会社マイクロリンク 10:25

10:45
IoTGO
初期費用0円から始める製造業向けIoTクラウドサービス
久野金属工業と共同開発を行ない、工場内のIoT・DX化の第一歩として導入しやすいIoTです。設備の稼働状況をリアルタイムでどこでも確認する事ができ、労働生産性の向上が見込めます。伴走型支援では、改善の為に必要となる稼働状況と停止要因の把握が目的です。
有限会社ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所 10:45

11:05
ユニケージ開発手法 ユニケージは、システムを改善しながら段階的に構築できる柔軟性の高い開発手法です。支援対象企業様には、ヒヤリングにより生産管理関連業務の課題整理・分析の後、各種データのデジタル化や見える化、他のシステムやEXCELとのデータ連携等、具体的なデモや事例を示しながら協議し「DX戦略報告書」をまとめます。
セレンディップ・ホールディングス株式会社 11:05

11:25
HiConnex & 標準テンプレート
生産現場のIoH(Internet of Human)を活用し人の行動を変革するためのマネジメントツール
当ツールは、自立的に改善する組織作り・ヒトづくりに向けて、製造現場でヒトが行う工程の生産時間、生産異常のデータを収集し、それをリアルタイムで見える化するテンプレートで構成されています。
株式会社デンソーウェーブ 11:25

11:45
1.IoT Data Share
「データ統合ソフトウェア」
2.IoT Data View
「データ可視化ダッシュボード」
①プログラムレスでさまざまなFA機器と接続でき、データの収集・加工・保存・通知・公開に特化した機能を提供する「データ統合ソフトウェア」です。
②IoT Data Shareと連携して、収集したデータをプログラムレスで簡単に可視化できる「データ可視化ダッシュボード」です。
日本システム開発株式会社 13:00

13:20
EoRPA RPA導入計画立案のご支援をいたします。
RPAのコンサルティング、計画セミナー、外注相談(対象が絞られている場合)、手順マニュアル化支援のいずれかを実施いたします。
テービーテック株式会社 13:20

13:40
eee CLOUD 在庫管理システム
クラウド型在庫管理システム
入出庫の管理だけでなく、受発注機能や出荷指示書等の在庫管理に関連する帳票類も標準機能として搭載しております。また個社に特化したカスタマイズをご希望のお客様にも自社開発商品である強みを活かし、あらゆるカスタマイズに対応しております。
CMA株式会社 13:40

14:00
オセロコネクト
クラウド型生産・業務管理システム
中小規模製造業向けクラウド(SaaS型)生産管理システムです。必要な機能を選択して、サブスクで即日始められます。
株式会社アークスジャパン 14:10

14:30
タップルック
目視検査結果マッピングソフト
目視検査工程においてiPad上に表示された図面上に
不良箇所をタップするだけで、データをWEBブラウザで見ることができる「工程別検査実績管理ソフトウェア」です。従来の紙での記録と変わらない負担で不良情報の蓄積ができます。
株式会社ユニオンソフトウェアマネイジメント 14:30

14:50
手話翻訳システム「TeSign」開発で培った、人間の3次元動作解析を用いた、工場作業ラインにおけるポカヨケ防止システム 深度センサ―を用いて、人間の3次元動作解析を実施する技術を用いて、工場や作業場内における不審動作の検出や、想定外の動作を検出する事で、未然にエラーを防ぐポカヨケ・システムの試験導入を支援します。
株式会社ITAGE 14:50

15:10
業務可視化サービス
倉庫・工場の業務改善案を3Dアニメーションで視える化、シミュレーションを実施し結果をご提供するサービス
工場の自動化設備導入時、どの設備を入れるか?どう運用するか?をメーカー任せにしていませんか?
自社で主体的に工場内の業務を可視化し、レイアウトや運用検討が行えます。それが実現出来る業務可視化サービスを提供しています。
ジール株式会社 15:20

15:40
1.SmartProcess-BR
個別受注生産、繰返し受注生産向け 生産管理システム
2.SmartProcess-MS
見込生産、繰返し受注生産向け 生産管理システム
1.実績収集、工程管理を中心とした、原価管理、発注仕入、在庫管理、販売管理を備えたオールインワンの中小企業向け生産管理システムです。
2.完成品・仕掛品の在庫管理、工程管理を中心とした、発注仕入、所要量計算(MRP)販売管理を備えたオールインワンの中小企業向け生産管理システムです。クラウド、オンプレに対応し安価に導入が出来ます。
ニュートラル株式会社 15:40

16:00
NTech Predict
データから原因の推定と未来を予測することでコスト削減や生産性向上につなげる
専門的な知識が不要でデジタル化されたデータの有効活用が可能です。またデータ同士の関係性を可視化することで因果探索を用いた原因分析を行い、さらに過去データを用いた未来予測も行います。
アウトプットの予測結果だけでなくその予測結果の解釈を容易にする情報をinfographicsにより可視化します。これにより予測結果に対するアクションの意思決定を支援します。
株式会社システムリサーチ 16:00

16:20
デジペーパー
現場でタブレットやスマートフォンなどの電子端末に、手書きや選択式で直感的に入力できる入力ペーパーレスソリューション
紙で運用している業務のペーパーレス化を実現します。
デジペーパーはその強みと特性から、現場担当者の抵抗を最小限に“電子化”することができる製品です。点検・棚卸帳票や契約書など様々な分野における「紙業務」でご活用いただいております。
また、単純な紙書類の電子化はもちろん、カスタマイズにてデジペーパーアプリと基幹システムとの連携を行う事により、主要業務の一連の流れの自動化も可能にします。

※デジタルツールの詳細は、各ツール名のリンク先Webサイトをご覧ください。

6 参加費用

無料

7 デジタルツール提供事業者によるプレゼンテーションの開催

デジタルツール導入希望企業を募集するにあたり、提供ツールの紹介を行うデジタルツール提供事業者によるプレゼンテーションを開催します。参加を希望される方は、下記申込フォームよりお申込みください。
なお、プレゼンテーションへの参加は応募の必須要件ではありません。

(1)日時
2022年9月29日(木)10時~17時

(2)会場
愛知県産業労働センター(ウインクあいち)18階 セミナールーム(名古屋市中村区名駅四丁目4番38号)またはオンライン

(3)内容
各ツール提供事業者によるツールの紹介

(4)参加費
無料

(5)申込方法
※プレゼンテーションへの参加募集は終了しました。

8 応募期間・方法

2022年9月30日(金)~2022年10月21日(金)17時まで
申込書をダウンロードのうえ、下記メールアドレス宛にお送りください。
info-kikaku@aibsc.jp
申込書のダウンロードはこちら(Wordファイルのままご提出ください)

9 事業者の選定・決定通知

申込内容をもとに選定委員会による審査を行い、実証企業の選定を行います。
申込された全ての企業に選定結果を通知します。

【 お申込み先及びお問合せ先 】

公益財団法人あいち産業振興機構 総務企画部 情報企画グループ
〒450-0002 名古屋市中村区名駅四丁目4番38号 ウインクあいち 15階

電話 : 052-715-3063
FAX : 052-563-1434
E-Mail :info-kikaku@aibsc.jp