経営戦略レポート 海外駐在員便り
経営戦略レポート
海外支援
中小企業支援等レポート
技術の広場
あいち技術ナビ
あいち産業振興機構中小企業支援
海外駐在員便り
時代の目
特集(トピックス)
企業ルポ
翔 魅力ある愛知の中小企業
あいちの製品ProductsAppeal
経営革新に挑戦する中小企業成功事例集
創業企業に聞く
支援企業に聞く
お店訪問 繁盛の秘訣
科学技術は今
ホームページ奮闘記
スペース
スペース
経営相談Q&A
労務管理Q&A
資金調達Q&A
組織活性化Q&A
環境対策Q&A
省エネQ&A
経営革新Q&A
窓口相談Q&A
IT活用マニュアル
IT特集
どんどん使ってみようWindows Vista
IT管理者お助けマニュアル
ネットワークお助けマニュアル
セキュリティお助けマニュアル
お助けBOX
補助金助成金一覧
施策ガイド
2006.4月までの記事を読む
「ネットあいち産業情報」更新をお知らせします!
  トップ > 経営戦略レポート 海外駐在員便り > I-BAC北米企業誘致ミッションによる訪問企業3社が愛知に拠点開設
I-BAC北米企業誘致ミッションによる訪問企業3社が
愛知に拠点開設
―愛知県サンフランシスコ産業情報センター企業誘致の取組―
記事更新日.07.02.01
愛知県サンフランシスコ産業情報センター
印刷用ページ
12月、愛知県およびI-BAC(愛知・名古屋国際ビジネス・アクセス・センター)は、2006年4月以降の外国企業誘致支援実績を発表しました。それによると欧米、中国などの9社が9月から12月の間に愛知県内に拠点を開設しています。このうち米国の2社はI-BAC北米企業誘致ミッションが訪問し、愛知への進出を働きかけてきた企業です。それ以外に同ミッションが訪問した企業がもう1社、登記をすませ1月に名古屋市内に事務所を開設する予定です。愛知県サンフランシスコ産業情報センターもこのミッションに参加したほか、これら米国企業に対し、個別訪問や各種の情報提供を行ってきました。今回は当センターの企業誘致の取組を紹介します。

■企業誘致ミッションによる誘致活動

愛知県は、2004年度、2005年度に続き、今年度も北米に企業誘致ミッションを派遣しています。

2006年度のI-BAC北米企業誘致ミッションはGNI(グレーター・ナゴヤ・イニシアティブ:東海3県の広域による外国企業誘致活動)の一環として実施され、ジェトロのトロントセンター、シカゴセンターと連携し、トロントで企業誘致セミナーを、デトロイト、シカゴ地域では企業訪問を実施しました。自動車関連産業を対象としたセミナーでは、愛知県からも大野立地観光監が、愛知の投資環境に関するプレゼンテーションを行いました。愛知に拠点設立を検討しているアメリカ5社への企業訪問では、進捗状況の確認や問題点に対する提案をし、また県やI-BAC、GNI(グレーター・ナゴヤ・イニシアティブ)、ジェトロの支援制度を紹介するなど、誘致実現に向け具体的な話し合いが行われました。

これらの企業のうち3社が既に登記を終え、愛知への進出を果たしています。その中の1社は、2005年1月の愛知への招聘や、2005年5月に当センターによる同社訪問、その後の各種情報提供など、2年間に渡り支援を継続してきた企業です。途中同社の優先事項が日本市場から北米市場あるいはメキシコ工場設立へと変更したこともあり、検討開始から進出決定までは長い時間を要しましたが、外国企業誘致はこのように時間のかかるものと地道に長期的に取り組んでいます。

■愛知進出米国企業の最近の傾向

今年度I-BAC北米企業誘致ミッションが訪問した5社はいずれも自動車部品企業です。進出検討段階の企業も含め、愛知に拠点を構える最大の理由は、日系自動車メーカーとの密接な連携のためです。各社とも既に北米で日系自動車メーカーとの取引があり、まずは北米市場における関係の強化や、日系自動車メーカー本社とのやり取りの迅速化、設計開発の初期の段階から関わるという目的のために、日本に事務所を構えセールスエンジニアを置こうとしているとのことです。日本市場はその次の段階と考えているようです。

また、複数の日系自動車メーカーと取引のある企業からは、上記の理由に加え、日本の真ん中で各日系自動車メーカーの本社をカバーしやすいといった愛知・名古屋の地理的優位性も理由の一つに挙げられました。

やはりその背景には、米国自動車メーカーとの取引の落ち込みといった事情がうかがえます。こうした案件ばかりではありませんが、今後もこのような例が増えそうです。

■独自の先端技術を持つ有望企業の発掘

このほか愛知県サンフランシスコ産業情報センターでは、GNIがグレーター・ナゴヤ地域で実施する、地元企業と外国企業とのビジネスマッチング事業に米国企業を送り込んできました。当センターが推薦した企業が、2005年度は5社、2006年度もこれまで4社愛知へ招聘され、愛知の企業と面談を実施しています。(2月にも2社招聘される予定です )

この事業のため、あるいは新産業育成の観点から愛知への北米企業の誘致を促進するため、当センターでは、愛知及びグレーター・ナゴヤ地域に関心を持ち、地元製造業と取引や提携する可能性の高い有望企業の発掘に努めています。

2005年4月からこれまで自動車、機械、航空宇宙、セラミックスなどの製造業に応用可能な、情報通信技術、ナノテク、環境関連技術など先端技術を有する企業をターゲットに、リストアップし接触、高い関心を示した企業や進出を検討している有望企業へは実際に訪問し、技術や日本でのビジネスプランなど確認し、愛知の投資環境や支援制度を紹介してきました。

県内の特定の企業とのビジネスを求めている企業や、愛知への進出を具体的に検討している企業など訪問した北米企業は60社となりました。現在もそのフォローアップを続けているところですが、引き続き地元企業のニーズに合うような企業の発掘と、愛知への進出を検討している企業への支援に尽力したいと思います。

 

企業誘致セミナー(トロント)             企業訪問の様子

( 駐在員 小蜥テ彰啓)       

あなたのご意見をお聞かせください
この記事を友人や同僚に紹介したいと思う
参考になった
参考にならなかった
 
Aichi Industry Promotion Organization
財団法人あいち産業振興機構