経営戦略レポート 海外支援
経営戦略レポート
海外支援
中小企業支援等レポート
技術の広場
あいち技術ナビ
あいち産業振興機構中小企業支援
海外駐在員便り
時代の目
特集(トピックス)
企業ルポ
翔 魅力ある愛知の中小企業
あいちの製品ProductsAppeal
経営革新に挑戦する中小企業成功事例集
創業企業に聞く
支援企業に聞く
お店訪問 繁盛の秘訣
科学技術は今
ホームページ奮闘記
スペース
スペース
経営相談Q&A
労務管理Q&A
資金調達Q&A
組織活性化Q&A
環境対策Q&A
省エネQ&A
経営革新Q&A
窓口相談Q&A
IT活用マニュアル
IT特集
どんどん使ってみようWindows Vista
IT管理者お助けマニュアル
ネットワークお助けマニュアル
セキュリティお助けマニュアル
お助けBOX
補助金助成金一覧
施策ガイド
2006.4月までの記事を読む
「ネットあいち産業情報」更新をお知らせします!
  トップ > 経営戦略レポート 海外支援 > 第23回 AARI 2014年度の展望 前編
AARIアジア中小企業レポート
株式会社愛知アジア総合研究所(AARI)

記事更新日.14.09.

製造業を中心とした愛知県および東海地域の中小企業に向けて、アジア各都市とのコネクションと様々なソリューションに関わるノウハウをもとに、技術支援、品質管理支援、環境対策支援等、ソフト面での海外進出をサポート。第一弾として、中国江蘇省常州市への進出サポートを展開中。
■問合せ先
〒460-0011 名古屋市中区大須2-23-36 ラディアント大須2F
電話 052-205-8033 FAX 052-205-8034
E-mail info@aa-ri.cojp URL http://www.aa-ri.co.jp
印刷用ページ

■第23回 AARI 2014年度の展望 前編


執筆者:株式会社愛知アジア総合研究所 代表取締役 乗松薫
1970年名古屋市生まれ。1996年早稲田大学法学部を卒業後、岩手朝日テレビを経て、2000年ヤフー株式会社入社。2003年、名古屋にて株式会社ミルゲート(旧 有限会社エヌ・プランニング)を創業。以後、WEB領域を中心に、ナショナルクライアントから中小製造業まで、数多くの企業の国内およびアジア地域へ向けたプロモーション業務に携わる。専門領域は国内およびアジア市場へのプロモーションプランニングおよびコピーライティング。2012年3月、株式会社愛知アジア総合研究所を設立し、代表取締役に就任。


2期目を終えるにあたって

2月末で、AARIは設立2年目の年を終了しました。
そもそも江蘇省常州市との関係の中で誕生した組織ですが、現在は韓国まで足を広げ、さらに東南アジアとの提携の必要性にも迫られています。
これまでどんな成果を残し、そして今後どんな展開をしていくのか。
今回から2回にわたって、これまでの総括と今後の展望に言及していきたいと思います。

正直なところ、この2期目は方向性の定めにくい年でした。
一昨年の尖閣問題以降、中小製造業の中国熱は目に見えて冷え込んでいくし、かといってこれまで培ってきた常州との関係をここにきて捨ててしまうのはもったいないし・・・といった中で、訪中を続けてきた一年でした。

さらに常州市政府の担当者が異動になるということも重なり、当初の予定の半分も、常州市との仕事では実現できなかったような気がしています。
一番大きなトピックとしては常州市熱処理協会からの研修生来日というイベントが昨年夏に予定されていましたが、市政府担当者の異動の影響もあってか、当初6人とも7人とも言われていた来日研修生のうち、実際に来日したのは1名だけ。もちろん来日した方には実りの多い研修を提供できたとは思いますが、この一件をめぐって常州市政府との間が少しぎくしゃくし始めたのも事実です。

ただ、そのような状況下にあったからこそ、前回のレポートでご紹介した江陰市や中国以外の韓国等にフィールドを広げることができたのも事実です。
そう考えると、AARIの2年目は、3年目に向けての地ならしの時期として考えると、それなりに成果のあった1年だったのかもしれません。

一方で、確実に出遅れているのが東南アジアへの展開です。

インターネット領域を初めとしたマーケティングに関しては多くのソリューションを提供できる体制にありますが、中国や韓国のようなリアルで深い人的関係性が東南アジアでは築けて居ません。尖閣以降、徐々に種を蒔き始めてはいますが、次年度は何かしらAARIならではの具体的な都市との連携が必須になってくるかと思います。

2014年のAARI (対中国)

では、2014年度、AARIとして3年目の具体的なビジョンをお話しましょう。
まずは中国です。

2014年のAARIは、中国でのリアルなマッチング先として、
・江蘇省常州市
・江蘇省江陰市
・山東省煙台市
の3都市との提携業務を進めていきます。

常州、江陰までは既にご紹介しましたが、ここに来て山東省煙台市とのご縁も生まれました。既に多くの日系企業が進出しており、ご存知の方も多いかとは思いますが、煙台市は人口645万人、かなり早い時期に対外開放された沿岸都市で、産業地としても観光地としても有名です。また、隣にはやはり産業都市都市として発展著しい青島があります。

AARIでは常州、江陰、煙台の3都市を舞台に、視察ツアー、マッチングイベント等を通じ、愛知県を中心とした日本の製造業と中国企業の交流を図っていきます。

また、以前のレポートでご紹介したWebサービス「日本精英企業网〜B2B JAPAN」http://cn.b2bjapan.jp/ もさらに充実させ、リアルとインターネットの両面から、クライアントの中国進出をさせていきます。

 


※AARIが提供するサービス、及び常州市プロジェクトの最新情報はAARIのWEBサイトhttp://www.aa-ri.co.jp をご覧ください。情報は随時更新予定です。

あなたのご意見をお聞かせください
この記事を友人や同僚に紹介したいと思う
参考になった
参考にならなかった
 
Aichi Industry Promotion Organization
財団法人あいち産業振興機構