企業ルポ お店訪問 繁盛の秘訣
経営戦略レポート
海外支援
中小企業支援等レポート
技術の広場
あいち技術ナビ
あいち産業振興機構中小企業支援
海外駐在員便り
時代の目
特集(トピックス)
企業ルポ
翔 魅力ある愛知の中小企業
あいちの製品ProductsAppeal
経営革新に挑戦する中小企業成功事例集
創業企業に聞く
支援企業に聞く
お店訪問 繁盛の秘訣
科学技術は今
ホームページ奮闘記
スペース
スペース
経営相談Q&A
労務管理Q&A
資金調達Q&A
組織活性化Q&A
環境対策Q&A
省エネQ&A
経営革新Q&A
窓口相談Q&A
IT活用マニュアル
IT特集
どんどん使ってみようWindows Vista
IT管理者お助けマニュアル
ネットワークお助けマニュアル
セキュリティお助けマニュアル
お助けBOX
補助金助成金一覧
施策ガイド
2006.4月までの記事を読む
「ネットあいち産業情報」更新をお知らせします!
  トップ > 企業ルポ お店訪問 繁盛の秘訣 > 旨い酒と 佳き肴があって 豊かな人生がある!! 日本人の心情にあった酒の楽しみ方、酒文化を伝えることが専門店の使命!!
旨い酒と 佳き肴があって 豊かな人生がある!!
日本人の心情にあった酒の楽しみ方、酒文化を伝えることが専門店の使命!!
代表者/ 早川 清彦  
店長/早川智久(五代目)
記事更新日.07.01.09
酔蔵 名槌屋 <(株)名槌屋>
■お店紹介
主力商品・サービス/ 日本酒、地酒、焼酎、ワイン、こだわり食品
住 所/ 東海市横須賀町四ノ割19番地  
TEL 0562−32−0006  FAX 0562−32−5344
URL http://web.me.com/naduchiya/naduchiya/top.html
スタッフ数/ 4 人
創業年度/ 明治20年   
店休日/ 第1・第3月曜日
印刷用ページ
冷やで良し、燗でもでも旨い、料理との相性に心血を注ぐ 酒は食文化のなかで愛されてこそ「価値がある」を信じ蔵元とお客さまをつなぐ役割を果たしている 。
■商人としての生き方、座右の銘
・  
115年の歴史をもつ酒蔵に恥じない酒販店として、酒と食の文化をお届けする。
・  
お客さまに役立つ情報の発信で、人さまとのつながりを大事にする。
・  
お客さまから信頼されるためには、蔵元から信頼されること。

杉玉と仕込み樽の演出が粋な店構え

■酒小売店の勝ち残りの途は
・  
酒の販売免許発行の完全自由化、酒販店の多くがコンビニに取って代わるなど、酒小売店の環境は厳しい状況を迎えており、昔ながらの姿勢では、いずれ淘汰されると認識しています。
酒が美味しいのは当り前。蔵元とお客さまの声に耳を傾け、本当に美味しい酒を知ってもらうために全国の蔵をまわることを仕事にしています。
・  
酒は生きもの!! 生酒は冷蔵庫で、創業以来の土蔵では、地酒から世界のワインが貯蔵、熟成されています。
日本酒440銘柄、焼酎80銘柄、ワイン200銘柄を、品質管理に細心の心配りをし、高品質の酒造りを手がけるメーカーと一体となって、どこよりも美味しい酒をお届けしています。
・  
店主が吟味し、旨い酒だ! と言い切れるモノだけをそろえています。大吟醸、吟醸、純米吟醸、純米酒、本醸造酒、古酒、山廃造り、低濃度酒、樽酒、原酒、生酒、冷凍酒など、見て楽しめる陳列をし、同じ銘柄でも醸造の仕方によって味覚の変化や広がりが理解できるようにしています。

吟味を重ね選び抜いた逸品が整然と並ぶ

・  
酒と相性の良い、純正の食品や名産品を全国各地からそろえています。  
群馬の玉こんにゃく、練火焼海苔、梅にんにく、生ジュース、塩など、味や安全性にこだわったモノに限定しています。
・  
他所ではめったに出会えない幻の酒、希少品も良心価格で堪能していただけます。

全国各地の名産品、
安全性にこだわった食品にも 力を入れている

■お客さまとの関係づくり
・  
今年のあの酒の味は?なんか珍しい酒ない? 
どうぞ探しに来てください。   
盃を交わし合い、語り合えば絆も深まります。
・  
旨い酒を知ってもらうために、「聴酒会(ちょうしゅかい)」を定期的に開催。その時々のこだわりの酒と食が楽しめます。
・  
和食、洋食を問わず、さまざまな食に合う酒、春夏秋冬折々の美味しい飲み方もアドバイスし、酒の魅力をどんどん知っていただいています。
・  
楽しく酒を愉しむ器にも凝り、器ギャラリーを設けています。
・  
料理の裏ワザ、隠し技に日本酒を活用するテクニッックも伝授しています。
・  
ホームページで酒蔵訪問記、春夏秋冬紀行、東海市のお祭り紹介、うんちくなど、酒屋のオヤジのひとり言を公開しています。

酒を愉しむための提案 「器ギャラリー」

■今後の取り組み、夢、目標
・  
「酒を売ることは文化を売ること」の奥を極めたい。
・  
地域一番店とは、規模の問題ではないんです。酒を嗜む、粋な楽しさを伝える「店」を創りつづけていきます。
・  
店、酒、食品、店主すべてに共感していただき、人と人との絆が生まれる「場」づくりを目指します。
・  
この地の歴史を再認識し、文化・風土に磨きをかけ、地域をもっと元気にしたい。
■後継者への一言
・  
「まず自分(店主)を知ってもらうこと」信用が一番大切。信用を得るには、誠実、正直であること。
・  
酒の知識も大切ですが、それ以上に人間的魅力を磨いてほしい。
・  
己の業を通じて社会に貢献すること。
・  
その道のプロとして伝統を受継ぎ、名槌屋を理解してくれるファンをつくること。
・  
自分の考え方で新しい道を開いてみる。
株式会社ブレーンプランニング代表取締役。
マーケティングプランナー、コンサルタント。 業務改革、経営指導の他、都市再開発、商業施設計画、中心市街地活性化等に関する企画、指導を行っている。
◆  
女性のお客さまを取りこむ戦略を
お酒好きの女性を増やすために、ヘルシー&ビューティのライフスタイルを視野に、酒と健康・美容や料理教室、女性が創るお酒造りなどカルチャーサロンを企画し、つながりを強化し女性市場を開拓する。
◆  
郷土色豊かな特産品、お客さまに満足感を与える限定品等、専門店を追求した店づくりをすすめる。
◆  
情報交換で語り合う場所を作り、親切を極めて存在感で差別化を図る。
◆  
酒文化を担う基地として、酒と食を通じて地域社会の発展に寄与する。
あなたのご意見をお聞かせください
この記事を友人や同僚に紹介したいと思う
参考になった
参考にならなかった
 
Aichi Industry Promotion Organization
財団法人あいち産業振興機構