企業ルポ あいちの製品Products Appeal
経営戦略レポート
海外支援
中小企業支援等レポート
技術の広場
あいち技術ナビ
あいち産業振興機構中小企業支援
海外駐在員便り
時代の目
特集(トピックス)
企業ルポ
翔 魅力ある愛知の中小企業
あいちの製品ProductsAppeal
経営革新に挑戦する中小企業成功事例集
創業企業に聞く
支援企業に聞く
お店訪問 繁盛の秘訣
科学技術は今
ホームページ奮闘記
スペース
スペース
経営相談Q&A
労務管理Q&A
資金調達Q&A
組織活性化Q&A
環境対策Q&A
省エネQ&A
経営革新Q&A
窓口相談Q&A
IT活用マニュアル
IT特集
どんどん使ってみようWindows Vista
IT管理者お助けマニュアル
ネットワークお助けマニュアル
セキュリティお助けマニュアル
お助けBOX
補助金助成金一覧
施策ガイド
2006.4月までの記事を読む
「ネットあいち産業情報」更新をお知らせします!
  トップ > 企業ルポ あいちの製品Products Appeal > 軽トラックに大革命!「SKウイング」
軽トラックに大革命!「SKウイング」
記事更新日.10.02.01
新上工業有限会社
【問い合わせ先】
新上工業有限会社
刈谷市小垣江町御茶屋下52−24
TEL(0566)-21-6010
HP  http://www.shinjo-kg.co.jp
印刷用ページ
今回紹介する製品は、軽トラック用のウイング式幌です。この幌は左右両側がウイング式で開閉でき、開閉角度も二段階設計になっていて、まさに変幻自在の幌といったところです。

この製品を開発および販売を行っている新上工業有限会社は、今回、当機構が実施した平成21年第1回「有望ビジネス事業化サポート事業」の支援対象先に選ばれました。

「SKウイング」の開発・生産について、寺岡利之会長と寺岡高広社長にお話を伺いました。

Q : 
「SKウイング」の特長を教えて下さい。
A :  この製品は左右の幌がウイング式になっていることで、開閉範囲が広く、大きな荷物の積降が可能です。ウイングの開放角度が45度と90度の2段階となっているので、さまざまな用途にあわせて利用ができます。
既製品の幌に比べて、耐久性・操作性・デザインに優れ、シートは丈夫で汚れが付かないコーティングを施しています。

さらに、ウイングの側面の真ん中で折り畳めることで、ウイングを開閉することなく、小型荷物の積降ができる。また、ウイングに接触することなく、フォークリフトの積載が可能です。


Q : 
軽トラックの幌をウイング式にしたのはなぜですか?
A :  市販の幌は用途により様々なタイプがありますが、用途以外の時は、幌を取り外さなければならないのが欠点でした。
例えば、雨の日や日差しの強い日に荷物を搬送するとき、市販の幌を取り付けると、積載できる大きさや量が限られる。また、幌を外して、移動販売及び陳列販売を行っているときに突発的な降雨により、商品が濡れてしまうなど、天気に左右されることで仕事に支障が出るときもあった。
その点でウイング式は、幌を取り外さなくても大量の荷物が搬送でき、突発的な降雨でも商品が濡れることがなく、天気に左右されないのが利点であると考えました。

Q : 
この製品を組み立てるとき、何人必要ですか?また時間はどのくらい掛かりますか?
A :  最低二人は必要です。およそ1時間半で組み立てられます。ただし、現在販売しているものは、取り付ける際、車体に穴を開けるなど、素人には組み立てが難しいものなので、今後、更なる改良をして、宅配用に対応していきたいと考えています。

Q : 
販売価格はどのくらいですか?
A :  取り付けの工賃を含めておよそ二十数万円です。まだまだコストダウンをする必要があると考えています。

Q : 
現在、取り付けが可能な車種はありますか?
A :  現時点で対応している車種は1車種ですが、順次、他の車種に対応することができるよう研究・開発をしています。

Q : 
この製品を開発するきっかけはなんですか?
A :  商品の開発は5年前から始めましたが、商品の構想はそれ以前からありました。
最初は狭い場所でも停められる軽トラックで露天商を行う想定した時に、雨除けや庇をつけるのにはどのようにすればいいかを考えたことがきっかけでした。
その後、構想を練っていくに従って、農業をしているお百姓さんの休憩所として使える等、運搬や販売以外の用途に使用できると気付きました。

Q : 
開発するのに苦労された点はどのようなことですか?
A :  ウイングの開放時にウイングを持上げる力をどのような方法で補えばよいか、ウイングを90度と45度を固定するのに、どのような部品を使えばよいか等、使用する人の立場から考え、いろいろ試行錯誤を繰り返しました。現在完成しているものも、まだまだ改良の余地があると考えています。

Q : 
今後、どんな販路をお考えですか?
A :  現在、販売代理店を探しています。そのほかに農業の方をターゲットにして、農協の朝市などで売り込みをしたいと考えております。

Q : 
去年の11月のしんきんビジネスフェア2009に「SKウイング」を出展されたそうですが見に来られたお客さんの反応はいかがですか?
A :  今回、初めて展示会に出展しましたが、23人の方と名刺を交換いたしました。配管工事・果物農家・個人農家・木材加工業といった様々な業種の方に興味をもっていただき、製品に関し、貴重なご質問やご意見を頂きました。

今回の取材で寺岡会長とお話をさせて頂きましたが、現在も「SKウイング」を含めて製品に係る付属品まで、いろいろなアイデアを考え中で、それを今後の改良に生かしていきたいと語っていました。
この製品については、価格や販売方法、販売ルートなど、課題はまだまだあります。
財団法人あいち産業振興機構では、経営、販路開拓、技術開発などの専門家を無料で派遣して課題の解決に向けた支援を行っています。 また、「ビジネスプラン発表会inなごや2010」等を開催して、ビジネスパートナーを探す機会を提供する支援も行っています。
あなたのご意見をお聞かせください
この記事を友人や同僚に紹介したいと思う
参考になった
参考にならなかった
 
Aichi Industry Promotion Organization
財団法人あいち産業振興機構