企業ルポ あいちの製品Products Appeal
経営戦略レポート
海外支援
中小企業支援等レポート
技術の広場
あいち技術ナビ
あいち産業振興機構中小企業支援
海外駐在員便り
時代の目
特集(トピックス)
企業ルポ
翔 魅力ある愛知の中小企業
あいちの製品ProductsAppeal
経営革新に挑戦する中小企業成功事例集
創業企業に聞く
支援企業に聞く
お店訪問 繁盛の秘訣
科学技術は今
ホームページ奮闘記
スペース
スペース
経営相談Q&A
労務管理Q&A
資金調達Q&A
組織活性化Q&A
環境対策Q&A
省エネQ&A
経営革新Q&A
窓口相談Q&A
IT活用マニュアル
IT特集
どんどん使ってみようWindows Vista
IT管理者お助けマニュアル
ネットワークお助けマニュアル
セキュリティお助けマニュアル
お助けBOX
補助金助成金一覧
施策ガイド
2006.4月までの記事を読む
「ネットあいち産業情報」更新をお知らせします!
  トップ > 企業ルポ あいちの製品Products Appeal > 新ブランドとなる鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」
新ブランドとなる鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」
  記事更新日.10.10.01
愛知ドビー株式会社
■問合わせ先
愛知ドビー株式会社
名古屋市中川区宗円町1-28
TEL 052-352-2531
H Phttp://www.a-dobby.co.jp
http://www.vermicular.jp
印刷用ページ
船舶や建設機械の精密部品の銑鉄鋳造、機械加工を主な事業としてきた愛知ドビー株式会社が、「22世紀も社会から選ばれる企業へ」を目指しての挑戦で初の消費者向け製品を開発した。 今回は、一生の宝物となる鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」を開発した専務取締役の土方智晴氏にお話を伺いました。

Q : 

「バーミキュラ」という名前は何に由来しているのですか?

A :  「コンパクテッド・バーミキュラ」という熱伝度率が良く強度も兼ね備えた特殊材質の鋳鉄が鍋の特徴を表していることから名づけました。

Q : 

鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」の特徴はどんなところにありますか?

A : 

鍋の材質はアルミ、銅、ステンレス、土鍋等色々あります。鋳物ホーロー鍋は、鉄と炭素の合金である鋳物にガラス質のホーローで表面処理をしたキッチン用鍋です。
特徴は、鉄の高い熱伝導率と炭素、ホーローの保温性遠赤外線効果を併せ持った多層構造鍋であることと、高い密封性で無水調理を可能にし、圧力鍋効果もあるので従来の鋳物ホーロー鍋より格段に煮崩れしにくく、素早く素材の芯まで火を通すことが出来ます。


Q : 

この商品を作るきっかけは

A : 

下請けだけの企業ではなく、22世紀も社会から選ばれる企業を目指して自社の特徴を生かせて、自社でなくては出来ないものを作ろうと3年ほど前から開発を始めていた。試行錯誤を重ねた結果、このバーミキュラ鍋を作ることとなりました。
そこでヒントとなったのは、フランス製鋳物ホーロー鍋の熱伝導率と保温性が高く、遠赤外線効果を持つという特長と、ドイツ製アルミとステンレスの多層構造鍋の無水調理を可能とする密封性の高さという特長で、この二つの特長を兼ね備えた鍋を作ろうということとなった。


Q : 

開発にあたり難しかったことや工夫をしたことは?

A : 

開発に時間がかかったのは、パールホーロー加工でした。通常、鋳鉄にカラーホーローをかけると表面に泡のような欠陥が出来る。ホーローか鍋の材質が原因かわからず苦労したが欠陥が出来ずにこの加工が可能な鋳鉄材質の開発に成功しました。
使っていただくお客様に対する工夫は特にこだわりを持って追及しました。例えば、フランス製鍋に比べて400gも重いのに実際に持ち上げてみると軽く感じる工夫やフタの取りやすさや置いた時の安定性など「手間は自社、お客様は簡単に」をモットーに工夫を重ねました。


Q : 

体に安全な鍋についての配慮は?

A : 

バーミキュラの製品では、本当に安全な物をお届けしたいという観点から、カドニュウム等の有害物質を含んだホーローを使用していません。従って赤や黄色を含むホーローを使用していないので色彩面ではカラフルさは出せませんが、パール加工という美しさとデザインにこだわりました。


Q : 

販路開拓は?

A : 

基本的にはBtoCをメインにしていきます。従って流通経路を大幅に省くため価格を抑えることが出来る工場直販価格となります。
将来的には、中国とアメリカでの販売を考えています。


Q : 

今後の課題は?

A :  課題は納期で現在8〜9か月待ち状態となっており、ホーロー加工に時間がかかりボトルネックとなっています。生産体制を月産100台から月産500台にすべく、技術者の養成に力を入れています。それと海外展開のノウハウを研究していきたい。

Q : 

その他、アピールしたいことはありますか?

A :  良いものは永く使っていただきたいということで、リペアサービス(再ホーロー・有料)をしております。もちろん本体のみ・フタのみの修理も承っています。また、新婚さんへのお祝いの品として最適で、ネーミングサービスも行っています。現在の鍋は22pですが、ひと回り小さいサイズ、さらに小さい一人用鍋サイズも発売予定です。

あなたのご意見をお聞かせください
この記事を友人や同僚に紹介したいと思う
参考になった
参考にならなかった
 
Aichi Industry Promotion Organization
財団法人あいち産業振興機構