企業ルポ あいちの製品Products Appeal
経営戦略レポート
海外支援
中小企業支援等レポート
技術の広場
あいち技術ナビ
あいち産業振興機構中小企業支援
海外駐在員便り
時代の目
特集(トピックス)
企業ルポ
翔 魅力ある愛知の中小企業
あいちの製品ProductsAppeal
経営革新に挑戦する中小企業成功事例集
創業企業に聞く
支援企業に聞く
お店訪問 繁盛の秘訣
科学技術は今
ホームページ奮闘記
スペース
スペース
経営相談Q&A
労務管理Q&A
資金調達Q&A
組織活性化Q&A
環境対策Q&A
省エネQ&A
経営革新Q&A
窓口相談Q&A
IT活用マニュアル
IT特集
どんどん使ってみようWindows Vista
IT管理者お助けマニュアル
ネットワークお助けマニュアル
セキュリティお助けマニュアル
お助けBOX
補助金助成金一覧
施策ガイド
2006.4月までの記事を読む
「ネットあいち産業情報」更新をお知らせします!
  トップ > 企業ルポ あいちの製品Products Appeal > ニチブ株式会社
スペースの有効活用で全国シェア第1位 からくり舞台
記事更新日16.09

代表取締役 春田 弘高

【問い合わせ先】
ニチブ株式会社
愛知県瀬戸市水北町150番地
TEL (0561)48-0561
HP http://www.nichibu-stage.com/
印刷用ページ


今回は「からくりステージ・舞台」を設計、製造しているニチブ株式会社(以下:ニチブと称します)です。「からくりステージ・舞台」とは、取材の中で筆者がイメージした言葉です。製品紹介のパンフレット等では、「可動式収納ステージ・可動式収納舞台」と表現されています。

この製品はニッチな部類に属しますが、間違いなく全国シェアは1位の製品です。「ものづくり愛知」の称号に相応しく、しかも愛知の伝統技術である山車からくり人形に通じるものがあります。

ニチブは、瀬戸市と春日井市の境にあります。JR中央線「高蔵寺駅」で愛知環状線鉄道線に乗り換えて1つ目の「中水野駅」で下車し、そこから2kmの距離にあります。のどかな風景と春には桜並木を満喫できる水野川の川べりに社屋があります。

壁面収納型舞台機構で、昇降舞台等とは一味違います。保育園・幼稚園・学校・体育館・公民館・多目的ホール等2300件以上の実績からスペースの有効活用をご提案している会社です。

昇降機舞台は床から舞台がせり上がる形式です。人力では難しく大掛かりな装置が必要になります。また床に組み込まれた舞台の目じりにゴミ等詰まるため日々掃除も必要になります。これがニチブの可動式収納ステージ・可動式収納舞台に特化した製品構成に活かされています。

今から35年前の話です。幼稚園の保母さんが四角の箱を多数運んで仮設の舞台設営をしていました。それは重労働でもありました。この幼稚園からもっと簡単にそして楽に女性でも舞台設営ができないかと依頼があり、春田弘高社長がアイデア捻出に悩んでおりました。 そんなとき偶然がヒラメキを呼び寄せました。食事のために入ったレストランでお品書きが開きながら倒れた光景を目にしてアイデアが浮かび開発に取り掛かりました。


  



春田弘高社長は可動式収納ステージ・可動式収納舞台と説明されますが、「からくりステージ」「からくり舞台」と表現できます。なぜなら、電気による動力を使わず、女性2人の力で設営できる仕組みは、現代のからくり細工そのものです。


■ 山車からくりを連想させる

岐阜県高山市の高山祭、美濃市の美濃まつり、愛知県犬山市の犬山祭、津島市の津島秋祭、半田市の潮干祭など、山車に乗り込んでからくり人形を操る祭りがあります。

愛知・岐阜両県のうち旧尾張藩領であった尾張・美濃地方には、江戸時代から祭礼の主役にからくり人形を搭載した山車を使う所が多く、現在でも多数の山車が保存されています。その数は、全国のからくり山車の80%以上にあたり愛知・岐阜両県に集中して保存されています。

愛知県下では、50余りの祭りで三百輌を越える山車が現存し、その約四割にあたる約120輌の山車に300体以上のからくり人形が搭載されていて、当に愛知県は山車からくりの宝庫です。

山車からくりの技術と発想に通じるものが可動式収納ステージ・舞台につながっていることは「あいちの製品」に相応しいと思います。


■ 2300件

日曜日のお昼に放送されている「NHKのど自慢」は日本全国の場所を巡って放送されている長寿番組です。この中にはニチブの可動式収納ステージ・可動式収納舞台が活躍しています。また、春田弘高社長が知多にある旅館に宿泊する機会がありました。宴会を盛り上げるカラオケの準備が始まりました。仲居さんが壁面から舞台を出す様子を見て春田弘高社長は、ここにも当社の製品があったことを思い出しました。

当に2300件とは、47都道府県全てにニチブの可動式収納ステージ・可動式収納舞台が設置されている証でもあります。
もちろん海外にもニチブ株式会社の可動式収納ステージ・可動式収納舞台が設置されています。例えばサウジの学校から依頼がありました。詳しくはホームページに設置個所の一覧があります。


  


壁面一杯に並んでいるファイルはこれまでに施工した工事図面です。ここからも2300件の凄さが想像できます。


■ 折り曲げ方と途中で止まる安全性に企業秘密

壁にはめ込んだ面積がステージの面積です。壁にはめ込んだ面積より広いステージや舞台のニーズもあります。この場合はステージを蛇腹に折り畳む「からくり」が必要です。

通常、壁から倒れながら出てくるステージを女性2人では支えきれません。他方、電動式の場合は定期点検が必要になります。手動式で女性2人でも楽にステージを動かす「からくり」も必要になります。バネの縮む力を使って、ゆっくりとステージが倒れます。しかも、途中で力を留めると、斜めの状態でステージが止まります。


■ 製品紹介1
    


上記写真はNS-30 手動式壁面収納折畳みステージ
業界初 6000mm × 3000mmの手動式ステージが1台で可能!1台で18uの手動式ステージはニチブだけです。

・手動式だから ランニングコスト無し
・木材で仕上げた美しい外観
・女性だけでも簡単操作
・奥行480mmで収納可能
※ ND-30 電動式壁面収納折畳みステージもあります。
・リモートスイッチで簡単に 展開・収納操作ができます。
・電源:3相200V(単相100・200Vも対応できます)。


■ 製品紹介2
    


上記写真はNS-10 手動式壁面収納ハネアゲステージ
手動式だから電気工事不要。操作のときに急激な荷重がかからない安全設計です。 バネの力を利用した省力起倒機構を内蔵しているため、小さな力で簡単に展開・収納操作ができます。

・安全設計 : 特殊バネの弾性を利用していますので、操作時に急激な荷重がかかることはありません。また収納状態での安全の為、ロック機構を設けています。
・簡単操作 : 省力起倒機構内蔵で、2〜4名で簡単に操作が出来ます。 女性だけでも安全、簡単に操作できます。
・外 観 : 床材・框は、カバザクラ・タモ等、設置場所の内装意匠に合わせて様々な材質で対応できます。またステージを収納したときのステージ裏面を内装意匠と同じ仕様にすることができます。
・省スペース :  収納奥行わずか150mmで設置できます。
注)実際の操作中は、安全の為ステージから手を離さないで下さい。


    


    


■ 製品紹介3

NS-102・103 手動式壁面収納ハネアゲステージ ひな壇仕様
電気工事も、移動ステージの設置の手間もいりません。
催しにあわせて使い方を選択できます。ひな壇は3段まで設定可能。また、フラットなステージとしても使えます。


    


■ 製品紹介4 ユニーク物件

変わりステージ・舞台では、壁から畳が出てくることがありました。医療施設や福祉施設に設置すれば、体調を崩された患者さま・利用者さまが横になることができるスペースをすぐに準備できます。  また、変わった場所では少年院があります。施設が古く拡張工事が難しいため、スペースの有効活用ができる可動式収納ステージ・舞台を提供しました。


    


上記写真はNS-10 手動式壁面収納 畳床
・安全設計 : 省力起倒装置を採用していますので、操作時に急激な荷重がかかりません。 また、収納納状態での安全のために、ロック機構を設けています。
・ 省スペース : 収納奥行わずか120mmで設置できます。
・ 用 途 : 老人福祉施設、仮眠所など


■ 製品紹介5 電動式

ND-10 電動式壁面収納折畳みステージ
小さなステージから大きなステージまで、目的に合わせたサイズ設定が可能です。また、わずかな収納スペースで準備できます。床・框・幕板の仕上げに木材を使用した、美しい外観のステージです。


    


ND-15 電動式壁面収納スライディングステージ
床を折りたたまない「床一面型」だから、収納したときの外観がスッキリ。しかも床一面型の広いステージを確保できます。ステージの収納高さが高いので、利用時にデッドスペースがありません。


    


■ 持たない経営

社屋の中心は設計部署です。「可動式収納ステージ・可動式収納舞台」の設置工事は協力会社を主体にお願いしています。そのため営業力強化が課題でもあります。今年は栃木県建設展に初めて出品しました。


    


■ 産学官連携

名古屋工業大学との産学官連携プロジェクトを実施しています。具体的にはあいち産業振興機構の三機関協働支援事業です。ニチブの課題解決の取り組みを支援するとともに、企業経営者、社員、大学の教員、学生などこの事業に関わる全ての人が相互に学びあうことによる人材育成を目的とする活動です。

※春田弘高社長は、名工大の佐野明人教授(身体障碍者の歩行研究)、北村憲彦教授(トライボロジー研究)から多くを学ばれて、製品開発のヒントを得ています。

※春田弘高社長は学生にからくりステージ・舞台の構造を話すと、学生が目を輝かせて聞き入る姿を嬉しく思っています。


■ 壊す発想がない

「からくり」の最大の利点は動力がシンプルであり、また廃棄したときにゴミが少ないことです。太陽光発電システムのソーラーパネルが注目されています。しかし、必ず耐用年数があり、将来は廃棄する時期がやってきます。そのとき様々な産業廃棄物が環境に負荷をかけます。  「可動式収納ステージ・可動式収納舞台」は構造が単純なため、産業廃棄物を抑えることが可能です。 「からくりステージ・舞台」は製品の最後を見据えた製品でもあります。

ニチブ株式会社    
是非動画もご覧ください。

facebook youtube


■ 取材を終えて

中小企業大学校瀬戸校が小高い山の頂上に建っています。桜も良いですが瀬戸校に向かう山道は紅葉を感じる風景を思い出しました。 「からくりステージ・舞台」とは、取材の中で筆者がイメージした言葉です。ニチブ株式会社春田弘高社長にその表現方法に快諾を頂きました。


参考引用(からくり人形師、九代目・玉屋庄兵衛さん玉屋 庄兵衛さん「からくり人形の歴史」より)


 

取材・文 YA(ワイエイ)ビジネスサポート 杉本 安行

あなたのご意見をお聞かせください
この記事を友人や同僚に紹介したいと思う
参考になった
参考にならなかった
 
Aichi Industry Promotion Organization 財団法人あいち産業振興機構