企業ルポ ホームページ奮闘記 ホームページを優秀な営業マンに!
経営戦略レポート
海外支援
中小企業支援等レポート
技術の広場
あいち技術ナビ
あいち産業振興機構中小企業支援
海外駐在員便り
時代の目
特集(トピックス)
企業ルポ
翔 魅力ある愛知の中小企業
あいちの製品ProductsAppeal
経営革新に挑戦する中小企業成功事例集
創業企業に聞く
支援企業に聞く
お店訪問 繁盛の秘訣
科学技術は今
ホームページ奮闘記
スペース
スペース
経営相談Q&A
労務管理Q&A
資金調達Q&A
組織活性化Q&A
環境対策Q&A
省エネQ&A
経営革新Q&A
窓口相談Q&A
IT活用マニュアル
IT特集
どんどん使ってみようWindows Vista
IT管理者お助けマニュアル
ネットワークお助けマニュアル
セキュリティお助けマニュアル
お助けBOX
補助金助成金一覧
施策ガイド
2006.4月までの記事を読む
「ネットあいち産業情報」更新をお知らせします!
  トップ > 企業ルポ ホームページ奮闘記 > 手抜きじゃないのに、簡単!美味しい! あなたの時間と家族のほほえみ(第2回)
手抜きじゃないのに、簡単!美味しい!
あなたの時間と家族のほほえみ(第2回)
長瀬栄子氏 / 寺川宏季氏 記事更新日.07.03.12
株式会社 松屋栄食品本舗
■問合せ先
株式会社 松屋栄食品本舗
代表取締役 長瀬 由和  
〒480-0000 愛知県犬山市落添20-1
TEL : 0568-67-3688 /FAX : 0568-67-3706
ECショップ:簡単料理のほほえみ☆キッチン
http://www.smile-kitchen.jp/
会社サイト:
http://matsuyasakae.jp/
Email:info@matsuyasakae.jp
印刷用ページ

■ネットショップ構築の方法

前号では、新規事業として立ち上げたネット販売事業における顧客設定〜目標設定までの、事業立ち上げに伴う重要プロセスについてご紹介した。今号ではさらに、事業立ち上げに伴うプロセスの続編をご紹介していく。
ネットショップを立ち上げるには、以下の4つの方法が考えられるが、当該企業では(4)のネットショップASP(Application Service Provider)を活用した。
(1)
全くゼロからネットショップを制作する方法 
(2)
市販のネットショップ構築ソフトを購入し制作する方法 
(3)
ショッピングモール(Yahoo!ショッピング・楽天市場など)を活用する方法 
(4)
ネットショップASPを活用する方法 
(4)でのネットショップ構築という結論に至るにはいくつかの理由があった。
まず第一に新事業として成り立つかどうかがまだまだ不明確であったため、投資するコストは少しでも低く抑えたいということ。

第二に販売する商品がお惣菜をはじめとする「おかず」であるため、希少性や独自性といった点からはショッピングモールを活用した場合、他店舗との差別化が難しいということ。

そして第三にホームページスキルの高いスタッフが不在であるため、自社オリジナルでの制作は困難を要するということ。

以上の理由から、今回は(4)の選択に至ったのである。しかし(4)にもいくつかのデメリットが存在する。もっとも危惧すべき点は、カスタマイズの自由度だ。こちらの望む業務フローに合わせようとすると、ほとんどの場合カスタマイズが必要となってしまう。(1)や(2)の場合であれば、思い通りに制作することが可能であるが、(4)の場合にはそうはいかなない。システム提供側にしてみれば、当然さまざまな商材・業種に適応できるようネットショップシステムを造りあげてしまうため、どうしても汎用的になってしまう。よって、個店 ごとに機能を追加できたり、仕様変更できたりするケースは稀である。そこで松屋ではこの適応度を見極めるために、こちらが想定するネットショップ業務の流れを全体業務プロセス図としてまとめた(図1)。

 

全体図では、訪問者がネットショップ上から発注を行う部分から記載し、お客様のお手元に商品が届くまでの流れを順に記載した。プロセスの流れでは、既存の基幹システムとの連携部分も配慮しながら進めた。また発注の際にお客様へ応答するための、自動応答メール機能など、こちらが希望する機能要素も盛り込んだ。結果として、全体図を作成する過程で、課題となりそうな点の掌握にも つながり、ネットショップASP選定の足がかりとしてスタッフ間で明確となった。

ネットショップASPはたくさん存在するが、今回比較検討の結果選定したのは、株式会社メイクショップ(画面1)が提供するネットショップだ。

 

選定の最たる理由は、ネットショップに必要なほとんどの機能が十分に盛り込まれている(機能一覧:http://www.makeshop.jp/main/f_management_function.html)にもかかわらず、ランニングコストが破格の低額(表1)であるという点からだ。ただし、一切のカスタマイズには未対応となっているので、業務上支障がでないかどうかの選定は十分行う必要がある。
プラン フリーショップ ビジネスショップ プレミアムショップ
携帯電話対応 PCのみ PC・携帯 PC・携帯
商品数 30商品まで 100商品まで 500商品まで
月額費用(税込み) 0円
3,150円 10,500円
初期費用(税込み) 10,500円 10,500円 10,500円

■ネットショップ運営マニュアル

次に取り組んだのが、ネットショップ運営上のさまざまなルール策定だ。商品の詳細情報に関する問合せ窓口業務・キャンセルの取り扱い・オーダー情報変更の取り扱い・納期問合せ対応・クレーム処理・個人情報保護に関することなど、そのほとんどの運営ルールについては、既存事業の運営ルールを参考に見直し・改編することで対応した。運営ルールの策定には、ネット事業部とは直接関係のない他部署の方々との連携が必然となったため、ネット事業部との思わぬ連携もしばしば見られた。思いのほか部署間の結束が強まった面も否めない。当初ネット事業に対する他部署からの評価は、不信感いっぱいであったものの、このようなプロセスを経ることで徐々に協力体制が構築されていった。

本業が製造メーカであるがゆえ、個人情報保護についての知識は全くなかった。この点については、寺川氏が各種セミナーへ足を運んだり、関連書籍を読みあさるなどして知識を蓄えていった。

中小企業を対象に、ホームページ戦略策定・SEO対策・アクセス解析・ 運用支援と企業ホームページ全般のプロデュースを行っている。
リップル http://www.rip-ple.com/
あいち専門家グループ http://www.asg.name
今回着目したいポイントは、ネットショップ用の全体業務プロセス図を作成した点だ。プロセス図を考案する過程において、業務の流れを再確認できたことで、ネットショップASP選定の基準が明確になり、カスタマイズの範囲も明確になった。また機能面にしても、どのプロセスでどのような機能が必要となるかが判断しやすくなったことで、ヌケモレ防止策にも つながったようだ。
あなたのご意見をお聞かせください
この記事を友人や同僚に紹介したいと思う
参考になった
参考にならなかった
 
Aichi Industry Promotion Organization
財団法人あいち産業振興機構