企業ルポ 創業企業に聞く
経営戦略レポート
海外支援
中小企業支援等レポート
技術の広場
あいち技術ナビ
あいち産業振興機構中小企業支援
海外駐在員便り
時代の目
特集(トピックス)
企業ルポ
翔 魅力ある愛知の中小企業
あいちの製品ProductsAppeal
経営革新に挑戦する中小企業成功事例集
創業企業に聞く
支援企業に聞く
お店訪問 繁盛の秘訣
科学技術は今
ホームページ奮闘記
スペース
スペース
経営相談Q&A
労務管理Q&A
資金調達Q&A
組織活性化Q&A
環境対策Q&A
省エネQ&A
経営革新Q&A
窓口相談Q&A
IT活用マニュアル
IT特集
どんどん使ってみようWindows Vista
IT管理者お助けマニュアル
ネットワークお助けマニュアル
セキュリティお助けマニュアル
お助けBOX
補助金助成金一覧
施策ガイド
2006.4月までの記事を読む
「ネットあいち産業情報」更新をお知らせします!
  トップ > 企業ルポ 創業企業に聞く > 農業体験を通じて心と体の健康を・・・
農業体験を通じて心と体の健康を・・・
中村和也 記事更新日.10.07.01
■問合せ先
グリーンエイチ
〒475-0828 愛知県半田市瑞穂町9-7-25
TEL:0569-58-0375
http://taiyo-h.jp
印刷用ページ
■創業の動機
2009年2月に当時勤めていた会社内において、ストレスにより呼吸が出来なくなりました。そこで、心療内科を受診することになりました。その時に分った事ですが、患者さんが多く、どこの心療内科も予約することが困難な状況であることを知りました。
ストレスによって体調を崩す人が多い日本では、この先の経済活動に多大な悪影響を及ぼしてしまうと強い危機感を覚えました。そして、この現状を打破しなければ、より良い社会を次世代に残していくことなど到底できないと強く思うようになったのです。
また同じくして、耕作放棄地の問題に心を痛めており、多くの人々に家庭菜園の楽しさを伝えることによって、『心の健康』と『農地の問題』を解決することにつながるという強い想いが芽生え始めました。そこで以前からの独立願望と相まって、創業することになりました。


創業プラザとの出会い
創業プラザを知ったのは、偶然に飛び込んだ地元の商工会議所で見付けた1枚のパンフレットでした。この時、直感的に創業プラザを利用してみたいと思ったのです。利用することによって何かがある!ただそれだけで、雨の日に初めて、創業プラザの扉を開けたのを今でも鮮明に覚えています。
そこでまた、偶然がありました。新規事業コーディネーターの先生から3日後に入居申込の締切日があることを聞き、その場に設置してあったパソコンで申込書を作成・提出し、面接後に正式にプラザを利用できるようになりました。

■創業プラザでの学び・魅力
経営は、よく『人・モノ・金』と言われますが、私には何もありませんでした。何も無いにも関わらず、法人登記にこだわっていたのです。一番最初に作成した事業計画書にも法人登記の日付まで決めていました。メリット・デメリットの比較検討するうちに、最終的に個人事業で始めることを決意させてくださいました。
また、プレスリリースなどの広報の方法・手段、助成金やその他制度のことなど多くのことを学ばせていただきました。起業後の現在でも、時折OBとしてお邪魔をして相談や考えごとをする場として利用させていただいております。
今後、困難や試練に幾度となく遭遇するでしょう。そういった時に、事業計画を悩みながら作成した場所が自宅以外にあるということが大変貴重だと思っております。苦しいとき、原点に返ることのできる場所。それが、私にとっての創業プラザです。

あい創会の魅力
何といっても、『人との出会い・つながり』です。色々な熱い想いをもった創業準備者や創業者との出会いによって、似通った悩みを打ち明けて、解決していけるところです。同じ時期に創業する人たちは、同じ様な悩みを共有できます。例えば、営業(集客)、宣伝・広報、キャッシュフローなどです。 
また、自分自身が行き詰っても他の仲間が頑張っている姿を見ると、それだけで勇気付けられます。

■事業の概要
プライベート農場『たいようの広場』は、農地所有者様(グリーンエイチの協力によって)が、運営・管理を行なっている市民農園です。この広場では、荒れた状態で放置されている耕作放棄地の問題解決に取り組むと伴に、ストレスに悩む人のメンタルケアの場としてご活用いただいております。 

『たいようの広場』では、3種類のプランを用意しています。@時間があり積極的に、自ら野菜や花の栽培をされる方向けA仕事がある為に、野菜や花の栽培が休日に限定される方向けB植え付けと収穫を主に楽しみたい方向け。生活スタイルに合わせて、グリーンエイチでは個別にサービスを提供しております。
たいようの広場を利用される方は、日頃の生活から離れた場所で、息抜きする事ができます。時計の無い場所で、風を感じたり土や水の感触を味わったりします。時には、小動物と遊んだり作物の収穫を楽しんだり花を見て“キレイ!”と感じたりすることが出来ます。


このように五感を通じて自分と向き合う場所と時間の提供をしています。
カーレースで例えると、『たいようの広場』は『ピット』にあたります。全力で走り続けると、いずれ“ガス欠”や“タイヤのパンク”などで走れなくなってしまいます。そこで、レース中にピットインをして、燃料補充やタイヤ交換して、最後まで走り抜きます。

■事業の現況
2009年10月に営業を開始した当初、約300uの畑(たいようの広場)に利用者数は1法人でした。
しかし、現在は、約3,000uの『たいようの広場』に、利用者数は2法人、1団体と3組にまでになりました。
利用目的は様々で、福利厚生としてや社員研修といった用途で利用されています。また、療養目的や余暇を自然の中で過ごすことを目的とされている方々もみえます。



■今後の事業展開
事業の成長過程において、現在の農サービス業を充実させていくことは勿論ではありますが、新たなサービスも行っていきます。グリーンエイチでは、総合的なライフプランの設計・提案までをトータルに行える企業を目指していきます。




あなたのご意見をお聞かせください
この記事を友人や同僚に紹介したいと思う
参考になった
参考にならなかった
 
Aichi Industry Promotion Organization
財団法人あいち産業振興機構