企業ルポ 創業企業に聞く
経営戦略レポート
海外支援
中小企業支援等レポート
技術の広場
あいち技術ナビ
あいち産業振興機構中小企業支援
海外駐在員便り
時代の目
特集(トピックス)
企業ルポ
翔 魅力ある愛知の中小企業
あいちの製品ProductsAppeal
経営革新に挑戦する中小企業成功事例集
創業企業に聞く
支援企業に聞く
お店訪問 繁盛の秘訣
科学技術は今
ホームページ奮闘記
スペース
スペース
経営相談Q&A
労務管理Q&A
資金調達Q&A
組織活性化Q&A
環境対策Q&A
省エネQ&A
経営革新Q&A
窓口相談Q&A
IT活用マニュアル
IT特集
どんどん使ってみようWindows Vista
IT管理者お助けマニュアル
ネットワークお助けマニュアル
セキュリティお助けマニュアル
お助けBOX
補助金助成金一覧
施策ガイド
2006.4月までの記事を読む
「ネットあいち産業情報」更新をお知らせします!
  トップ > 企業ルポ 創業企業に聞く >  ペットと人の絆を結ぶ雑貨から、心豊かな住まいの提供まで
ペットと人の絆を結ぶ雑貨から、心豊かな住まいの提供まで
村上 真二

記事更新日.12.05.01

エムワン・クリエイト株式会社 代表取締役
■問合せ先
〒454-0852 名古屋市中川区昭和通5丁目37
グレンパーク中島1F
HP: http://m-wans.com
印刷用ページ
■プロローグ
「ペット関係のお仕事は、ブームだから景気が良いでしょう」とよく聞かれます。
一言でペット関係と言っても裾野が広く産業でみれば多種多様な業種業態を一括りにしてブーム≒景気が良い。そんな訳はありません。ペットも犬猫だけに限らないし、小鳥や小動物、一部の家禽家畜や観賞魚も含まれます。人で例えるなら衣食住全ての産業に値します。 動物の愛らしさ可愛さ、そして、人を癒す効果も絶大であり愛護心や博愛精神も育みます。当然、マスコミやメディアの多くで取り上げられるのはごく自然な事であり決してブームではありませんが、話題にされやすく時勢などの影響を受けやすいのも事実です。

■サラリーマン時代
私がペット業界に入ったのは30年前の昭和57年。名古屋の食糧・雑穀関連の商事会社に入社しペットフード・用品の卸売担当として普及にも携わってきました。その当時はお米より高いペットフード。犬は番犬、食事は味噌汁かけごはん。猫は自由奔放、鰹節の猫まんま。国内のペットフード普及率は3割程度。食品スーパーでは「餌は汚いから置かない」そんな時代でした。
その後、国内外の食品メーカーや日雑メーカーの参入、GMS(ゼネラルマーチャンダイズストア:量販店)・ホームセンターなど量販店の台頭、業界でもペット専門学校や動物病院併設の総合ペットショップなどの経営参画も盛んとなり、生体の流通も整い犬猫の純血種の入手も容易になり飼育数も増え、愛玩動物から伴侶へそして家族へ、ペットオーナーの愛護心や健康志向も向上しペット産業の市場規模も拡充しました。 獣医学の発展によりワクチン接種が習慣化された事もありますが、現在における犬猫の長寿化は、総合栄養食であるペットフードの普及が大きく寄与したものと思われます。
しかし、テレビCMでミニチュアダックスフンドやチワワが話題となり、また、生活環境も変わり大型犬から小型犬へ流行が移り胃袋も小さくなりペットフードの流通量は一時減少しました。
人気の犬種が小さくなるにつれ屋外の番犬から室内犬に、用品では犬小屋から室内ケージ、トイレシーツ・ケア用品等室内グッズの需要増大や洋服を着せる犬も一般的となり、動物病院や動物美容の需要拡大、ペットホテル、躾などのサービスを取り入れる業態も増加しました。 ペット産業が確立し普及するにつれ専門的多様性が求められ、ペットフード業界は少品種大量販売から多品種少量販売の時代に入り、小売間競争による価格破壊が顕著に進み、流通では淘汰や系列化による再編が余儀なくされました。
勤めていた商事会社でも新規顧客獲得や企業吸収合併、物流改変を繰り返し拡大を経てペット事業部を創設しましたが時勢には敵わず、メーカー部門を残し卸売部門を全国規模の商社系会社へ平成18年に営業譲渡しました。
その機に営業本部次長として転籍し1ヶ月後名古屋支店長に就任しました。最初のミッションは物流センターを変更し、商・物ともに軌道に乗せる事。粗利を確保する為のメーカーからの補填・リベート折衝も主な任務。担当エリアは東海地区・和歌山地区、そして、傘下には北陸営業所とペットショップの直営店が愛知・岐阜に2店舗。しかし、支店人員が少なく約10年ぶりに小売店の担当を持ちプレイングマネージャーとして尽力しました。
個人的にも同時期に店舗物件購入や賃貸マンション建築など不動産賃貸業として個人開業していた事も25年間勤めた会社を去り転籍した理由の1つです。将来の独立を意図した行動です。そして、その会社に約1年勤め平成19年に辞めました。

■創業プラザあいちとの出会い
会社を辞め、先ず取った行動は基本に帰る事。自分は何をしたいのかではなく、何が出来るのか。誰を必要とし、誰から必要とされるのか、など。しばらく暗中模索しました。そして、商工会議所に行き相談し、その後”不動産賃貸業”として会員にもなりました。要するに会社を辞めた頃は考える余裕もなく何をもって独立するのか具体的な業種も決めてはいませんでした。そもそも飽和状態のペット業界での独立は躊躇しておりました。約1年間の商社系の支店長時代は、それまで永年培ったペット業界での人間関係を揺るがせ、希望をも歪めていました。自業自得です。
商工会議所から「創業プラザあいち」を紹介戴き、早速訪ね事務局の方から詳しくお話を聞き、業種においては「今までの経歴を生かすべきだ」と諭され申込審査を経て入居しました。
創業準備スペースの利用、新事業コーディネーターからの助言、事務局の方との話、そして、創業仲間との出会い。何もかも新鮮であり刺激や活力を得ました。
営業管理職一筋で学歴もなく手に職もない、周りを見ると士業や専門的特性を持った方も多い。
この機会に資格を得る事も大切であると一念発起し、簿記3級、FP3級、そして平成20年5月会社設立。 その10月に宅建主任者試験。宅建の前には受験慣れをするためFPの科目にあった保険業法にも興味を持ち損保募集人も受験し得ました。

■PET&LIFEについて

動物取扱業としての資格”愛玩動物飼養管理士”は持っていました。そして不動産業としての資格”宅建主任者”の資格も得る事ができました。平成21年夏に出店店舗も決まり、店長、トリマーや不動産営業の従業員を採用し、「ペットケア」と「お部屋探し」、動物取扱業(ペットサロン)と不動産業(ホームメイト)をMIXした屋号として命名、ワンストップの複合店としては全国初、11月にオープンしました。キャッチフレーズは「ペットと人の絆を結ぶ雑貨から、心豊かな住まいの提供まで。」
企業理念は「人と動物との共生、心安らかな社会の構築」
・これは、”動物の愛護及び管理に関する法律”に深く共感している事を意味します。
経営方針は「生き物は商品(売り物)ではなく、育むものである」&「心豊かな住まいの提供」
・これは、永年の経験上、動物は販売しない。そして、犬や猫と暮らせるペット可の物件はペットケアのカテゴリーである。先ずは、ハウス(住まい)がなくては適正な共生は叶わない。金魚には水槽、小鳥には鳥かごと同じ事であります。
当然、一般物件の仲介も行いますが、問い合わせの約半数がペット可の物件であり多くのお客様のご支持を得ています。おかげさまでオープン2年を経てペットサロンの顧客も700名、1,000頭を超える事も出来ました。
3年目の今年は、2号店の出店や更なる多角サービスを計画しております。
オープンにするにあたり、創業プラザで知り合った仲間の協力も得る事もできました。そして今でも親しく交流や取引をして戴いております。今度とも、PET&LIFEをどうぞよろしくお願い申し上げます。

エムワン・クリエイト株式会社 代表取締役 村上真二
【事業内容】・ペットフード・ペットグッズ販売
・トリミングサロン(シャンプー・カットなど)
・ペットホテル(宿泊、一時預かりなど)
・不動産業(ホームメイトFCPET&LIFE中島駅前店)
・損害保険代理店
・インターネット通信・引越・建築・修繕など取次ぎ
【設立】平成20年5月26日
【資本金】 300万円 
【従業員数】 8名
【住所】愛知県名古屋市中川区昭和橋通5丁目37 グレンパーク中島1階 454-0852
【アクセス】名古屋駅から電車(あおなみ線・金城埠頭行き)で11分<中島駅前>
国道1号線中島駅南交差点角 契約駐車場完備
【電話番号】052-361-2220(代表、ホームメイト)
052-361-2230(ペットサロン・ホテル)
【FAX番号】052-361-2240
【ホームページ】http://m-wans.com
【メールアドレス】info@m-wans.com
【営業時間】10:00〜19:00
【定休日】水曜日
【登録・免許】
<動物取扱業>
・事業所名称:PET&LIFE中島駅前店
・種別:保管
・登録番号:0910044
・登録年月日:平成21年10月15日
・有効期限:平成26年10月14日
・動物取扱責任者:小西孝直
<不動産業>
・愛知県知事免許(1)第21483号


あなたのご意見をお聞かせください
この記事を友人や同僚に紹介したいと思う
参考になった
参考にならなかった
 
Aichi Industry Promotion Organization
財団法人あいち産業振興機構