経営活性化診断事例 » 診断事例/非営利団体診断の事例-2の本文抜粋


 
450-0002
名古屋市中村区名駅四丁目4番38号
TEL 052-715-3061

診断事例/非営利団体診断の事例-2の本文抜粋
診断事例へもどる

 

Ⅰ. 商工活性化プロジェクト
  設立目的と役割
   

プロジェクトの目的と役割について明確にするため、誰でも分かる「キャッチフレーズ」とプロジェクトの定義を決めた。

  □□協会の現況と問題点   割愛
   

商工会の行ったアンケート結果の概略説明。
商工業者の経営上の課題と近代化に対する取組み姿勢、意識等を明らかにする。

Ⅱ. 商工業の現状と役割
 

立地環境と人口動態

    県の人口動態調査を基に、町の人口伸び率、年齢構成等を簡潔に説明。
  行政の開発計画
    公共施設、区画整理事業及び都市計画道路網等について、今後の開発計画を記述。
  ○○町の強み・弱み
    町の持つ強み・弱みを箇条書きに列挙して、今後のまちづくりの参考とする。
Ⅲ. 商業活性化を考えたプロジェクトの提案
  中期的目標計画
    (1) イベント事業
     

商工業者との面談ヒアリングを行い、そこから出された意見を参考として、活性化が直ぐ行えるソフト事業を中心に、6つの事業について詳細説明する。
そのうち2例を図示すると以下の通り。

      (図表-1) 朝市の内容

zuhyo-1.gif

(図表-2) 特産品の開発

zuhyo-2.gif

    (2) 産業マップ作成事業
      産業マップの目的
       

・町民に対する会員企業の紹介
・町外からの来訪者に対する○○町の産業案内
・媒体としての魅力向上による商工会活性化

      産業マップの内容
       

・掲載内容について
・特徴及びメリット

      紙媒体とネット活用
       

・紙媒体の利点
・インターネット活用のメリット

      ネット活用の具体的方策
       

インターネットを利用した情報発信として、以下の表を提言。

        「産業マップ ネット活用案」
       
コンテンツ 説明・しくみ
会員企業ディレクトリ 商工会の参加者のページ。自社の外部ブログを更新すれば記事が反映でき、PR効果のあるページにする。
電話帳 ウェブサイトに電話帳を掲載(業種別、50音検索)
ディレクトリ掲載 掲載希望の奇病・個人の案内
応援団ブログ 町を盛り上げる応援団によるブログ。独立ページ生成と同時にトップページへの反映が出来る。
学生ブログ+フォーラム 学生ブログとコミュニティ。フォーラム参加はIDを付与し、匿名性を避けます。
奥様ブログ+フォーラム 奥様ブログとコミュニティ。フォーラム参加はIDを付与し、匿名性を避けます。
キッズブログ+フォーラム 子供ブログとコミュニティ。フォーラム参加はIDを付与し、匿名性を避けます。出来れば教育関係者(教員・保護者)に関与してもらいます。
ナビゲーター募集 学生等のナビゲーターの募集
イベント情報 町のイベント(祭りなど)。独立ページ生成と同時にトップページへの反映が出来る。イベントは終了後のレビューも必ず記載。
商店主ブログ 会員企業の情報発信、宣伝のためのページ。
事務局便り 商工会事務局が発信する情報です。
娯楽、生涯学習 できれば学生や主婦の手で作りたいものです。
求人情報 個別の求人、共同求人説明会などの情報を掲載します。
       
       
       
       
       
       
       
       
         
    (3) 学生との連携の意義と留意点
      目的
      産業マップ事業とのコラボレーション
      当事者間のメリット
    (4) 事業実現の計画日程
      タイムスケジュール
      想定される課題
       
  長期的目標計画
    (1)  ハード事業(施設整備)の要望等
      図書館を核とした施設整備
町の図書館の建て替え計画に際して、他の施設との併設を提案。特に、文化施設やコミュニティセンターとの併設が効果ありと提言。
      癒し施設等
要望のあった「スポーツジム」、「ドッグラン」、「スーパー銭湯」等について概要と特徴を解説。
    (2)  ハード事業の可能性と条件整備
        これらハード事業整備には多額の資金と合意形成のための期間が必要となるが、特に、どこに立地するか場所の選定が大きな問題となる。条件整備の項目としては、次の事項の詳細な検討が必要。
      場所選定
      ② 資金手当
      運営主体
      維持管理(ランニングコストを含む。)
    (3) 関連機関との連携
これら事業の実行には、“まちづくり”という観点から地域の総意の結集を図る必要がある。そうした意味からも行政、NPO法人、大学(学生)など関係団体との連携が重要。
    (4) 現実に向けての課題と支援制度
他に進んでいる計画との整合性の問題点を指摘するとともに、県と国の補助制度について解説。
       

工業活性化を考えたプロジェクトの提案

  工業団地
商工会の事業所の立地に関するアンケートを基に、移転や工業団地希望者などをグラフで明示するとともに、高度化融資制度について解説を加える。
  雇用改善
    (1) インターンシップ制度
      提案する地域独自のインターンシップ制度
     
zuhyo-3.gif
     


商工会内に窓口となる「大学関係事務局」を設置し、企業と大学・高校のパイプ役を努め、若年層の採用を促進します。
更に商工会は、行政に対して共催を申し込み、運営費の一部を行政が負担する要望も行います。
また、学生の受入れアドバイスや事故に対する損害保険の加入などのサービスも行います。
しかし、主に活動するのは、外部専門家のアドバイスを受けたプロジェクトに参画した企業です。

      本文・・・略
    (2) 学生による労務診断・・・・・略
  技術交流・・・・・・略

提言(プロジェクトの進め方)・・・略

   

(見出しのみの項目については、すべて本文を省略しています。)

       
       
【 お申込み・お問合せ 】

公益財団法人あいち産業振興機構 経営支援部 経営アドバイスグループ
〒450-0002 名古屋市中村区名駅四丁目4番38号 ウインクあいち 14階

電話 : 052-715-3070
FAX : 052-563-1436
E-Mail : info-advice@aibsc.jp

Copyright 2012 by AIBSC.JP All Right Reserved