あいち産業振興機構について » 理事長あいさつ


 
450-0002
名古屋市中村区名駅四丁目4番38号
TEL 052-715-3061

理事長あいさつ

 
新年あけましておめでとうございます。

 皆様におかれましては、平成最後の輝かしい新春を健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。
 また、旧年中は、私どもあいち産業振興機構の事業運営に際しまして、格別のご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、昨年の日本経済は人手不足問題や自然災害、資源価格の上昇などマイナス要因はあったものの、輸出や設備投資も盛んに行われるなど企業業績そのものは堅調でした。
   しかし、今後は貿易摩擦問題の深刻化など世界経済が抱えている様々なリスクや消費増税により、先行きの景況感を大幅に下振れさせる懸念があります。
 更に、愛知県は、我が国のモノづくりの拠点として、40年連続で、全国一位の製造品出荷額等を誇り、特に自動車産業は、県内製造品出荷額等の5割近くを占めるほか、従業員数でも3割以上を占めるなど、本県の産業・雇用の基盤を支えていますが、今「100年に一度」の変革期を迎えていると言われています。
 変革の波は大きく分けて3つあり、1つ目は動力源がガソリンエンジンから電池で動くモーターに動力源が代わる電動化時代の幕開け。2つ目はITやAIの進化による完全自動運転。3つ目は車の利用形態が根本的に違うカーシェアです。
 これらの変革により、自動車メーカーだけではなく、部品メーカー、そしてこれにとどまらず、今まで築いてきた「自動車産業」自体が大きな転換期を迎えています。
 次に、中小・小規模企業の置かれている状況は深刻で、高齢化や人手不足、人材不足、低い収益性、設備の老朽化等慢性的な問題は後継者難に繋がり、廃業件数が開業件数を大きく上回る状況が続いております。実際に、中小企業庁が発表している2016年版中小企業白書によると1999年から2015年までの15年間で100万者もの中小・小規模企業が減少しております。
 こうした中、当機構といたしましても、平成29年10月に愛知県のリーダーシップの下、愛知県弁護士会を始めとして、愛知県中小企業診断士協会、日本公認会計士協会等専門家や県内商工会議所・商工会等商工団体、金融機関、公的支援機関等と連携し「あいち事業承継ネットワーク」を発足し、事業承継診断や各種セミナー、専門家派遣、後継者育成塾など中小・小規模企業や小規模企業の皆様の円滑な事業承継のための支援を精力的に実施しています。
 また、無料で何度でもお応えするコーディネーターやマネージャー、専門家派遣等による各種相談窓口の設置、新規取引先の開拓のための商談会の開催や販路開拓支援、起業・創業を目指す方に向けての「創業準備スペース」「創業コーディネーター相談スペース」「交流・情報提供スペース」の提供や各種セミナーの開催、起業や経営革新に必要な設備投資に対する支援、IT活用や国際ビジネスに対する支援、特許や実用新案など知的財産に関する支援等、従来から実施している経営支援の内容の充実と強化を図ることで、中小・小規模企業の皆様が、円滑に事業活動を展開することができるよう、引き続き支援に努めてまいりたいと考えておりますので、関係各位の一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。
 今年一年が素晴らしい年となりますよう心からご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

平成31年1月4

公益財団法人 あいち産業振興機構
理 事 長    梶藤和彦
Copyright 2012 by AIBSC.JP All Right Reserved