ネットワーク構築マニュアルTOPへ
基礎知識TOPへ

基礎知識

ADSLについて

ADSLとは

ADSLとは、電話回線を使ってインターネットに接続するサービスです。一般(アナログ)回線接続と比べて通信速度が速くなります。ADSLという言葉は、Asymmertric Digital Subscriber Line(非対称デジタル加入者線)の略で、下りと上りの速度が異なるということをあらわしています。

また、一般(アナログ)電話回線接続では、インターネットに接続中、電話が使えないのに対して、ADSLではインターネットに接続しているときでも電話を使うことができます。

通信速度は、1.5M、8M、12Mと契約する速度によって異なります。契約するときの通信速度は理論値であり、実際の通信速度はNTT局舎からの線路長(実際の電話線の距離、直線距離ではない)によって大幅に異なります。

また、提供されている区域がある限定されていて、提供区域内でも電話線が光収容(NTT側で電話線の幹線を光ファイバ化してある)されていると使用することができません。

接続に必要な機器

スプリッタ

建物内に引き込まれている電話線にモジュラーケーブルを使ってつなぎます。スプリッタは電話側とパソコン側を分ける働きをしており、電話側を電話(FAXなども含む)へモジュラーケーブルをつかってつなぎ、パソコン側をADSLモデムへモジュラーケーブルをつかってつなぎます。

ADSLモデム

ADSLによるインターネット接続ををするために必要な機器で、スプリッタとモジュラーケーブルでつなぎ、パソコンとはLANケーブルをつかってつなぎます。

ADSLモデムはプロバイダ(回線事業者)からの購入、またはレンタルで入手します。パソコンショップなどの店舗で購入することもできますが、その際には、自分が契約している回線事業者で購入するADSLモデムが使用できるか確認することが必要です。

LANポートのあるパソコン、LANケーブル

ADSLモデムとパソコンとの接続はLANケーブルで行います。LANケーブルで行うため、LANポートが付いているパソコンかLANカードを増設したパソコンが必要です。

接続に必要な契約

プロバイダとの契約

ADSLを使用する場合には、プロバイダの選択と回線事業者の選択という2つの選択が必要になります。(YahooBBなどのプロバイダと回線事業者が一緒になっているものは除く)

プロバイダにより選択できる回線事業者は異なります。全国展開している回線事業者はNTT東西、ACCA(アッカ)、e-Access(イーアクセス)の3事業者になります。

その後、申し込みをし、工事日が決定します。ここでいう工事はNTTの局舎内工事であり、自宅等での工事ではありません。申し込みから工事日までの期間はおおむね2週間前後です。

申し込みのときにADSLモデムを購入、またはレンタルした場合は、工事日までに送られてきます。パソコンショップなどでADSLモデムを購入する場合は工事日までに購入しておきます。

Bフレッツについて
基礎知識TOPへ
BフレッツとADSLの比較