ネットワーク構築マニュアルTOPへ
基礎知識TOPへ

基礎知識

BフレッツとADSLの比較

BフレッツとADSLの比較を表にまとめると以下のようになります。

 
Bフレッツ
ADSL
下り速度/上り速度(bps)

100M/100M
(10Mタイプも有り)

1.5M/512K 8M,12M/1M
料金
初期費用
約30,000円
約5,000円
月額費用
約4,000〜11,000円
約3,000〜4,000円
サービス対象区域
全市制施行都市、一部町村
全市制施行都市、一部町村
申し込み→使用の期間
1〜4ヶ月
2週間前後

速度について

速度はBフレッツが100Mbps、実際の速度も30Mbps程度は出るため、ADSLより速いです。また、ADSLはNTT局舎からの距離によってスピードが大幅に変わります。他にも電車の線路、ISDN回線との干渉などで、十分な速度が出ないこともあります。12Mの契約でも1Mbpsを切ってしまうといったケースもあります。

しかし、ホームページを見たり、メールのやり取りをするといった使い方ではどちらも快適に使うことができます。実際にBフレッツの速度が必要となる使い方は、WEBサーバとして運用する、高画質動画を見るといった、きわめて限られた使い方をするときに必要となります。

料金について

料金は表をそのまま見てもらえればよいと思います。初期費用、月額費用ともにBフレッツが高くなっています。

サービス対象区域

ADSLではサービス対象区域=サービス提供区域なのですが、Bフレッツの場合サービス対象区域=サービス提供区域ではない、というややこしい話が出てきます。「サービス対象区域でまとまった申し込みがあった」→「サービス提供開始」という手順で進むため、実際の提供区域からすると Bフレッツ<ADSL となります。

申し込み→使用のできるまでの期間

Bフレッツの場合は、サービス対象区域でまとまった申し込みがない場合、また、使用者数が上限に達している場合、どちらもあるていどの期間待つことになります。前述のような障害がない場合は1ヶ月前後で使用できるようになります。

ADSLの場合は、使用者数が上限に達している場合に待つある程度の期間必要がありますが、通常は2週間前後で使用できるようになります。

建物が集合住宅や賃貸物件の場合

Bフレッツは引き込み工事が必要になります。自分が建物全体の所有者である場合は何の問題もありませんが、マンションなどの集合住宅の場合は管理組合に、賃貸物件の場合は貸主に、それぞれ許可を取る必要があります。

ADSLの場合は既設の電話線を使うのでBフレッツのような許可を取るといった手間はありません。

ADSLについて
基礎知識TOPへ
ブロードバンドルータ