ネットワーク構築マニュアルTOPへ
基礎知識TOPへ

無線LAN

機器を選ぶポイント

対応OS

複数OSが混在するLAN環境の構築を考えている場合は必ずチェックです。

互換性

複数メーカーのLANアダプタが混在する場合は必ずチェックです。メーカーによっては、他社のLANアダプタとの互換性を調べた結果をサイトで公開していたりするので、購入前にのぞいてみると良いかもしれません。また、WECAという業界団体がIEEE802.11b対応製品の互換テストを行っていて、これに合格した製品にはWiFiロゴが与えられています。このWiFiロゴがあればなおよいです。

いずれにせよ、無線LANアクセスポイントと無線LANアダプタを一緒に買うなら同一メーカーのものを買うと設定時のトラブルも少ないのでお勧めです。

セキュリティ機能

無線LANアクセスポイントのセキュリティ機能にはWEP、SSID、MACアドレスフィルタリングなどがあります。
WEP機能については多くの製品に組み込まれていると思われますが、暗号化によって他社のLANアダプタとの互換性が低くなる場合があるので注意が必要です。また、暗号強度も製品の価格によって変わる場合があります。また、SSIDを非公開にする機能を備えているものも増えているので、セキュリティ対策として検討する必要があります。詳細については「セキュリティ」を参照してください

通信規格

次ページ「規格について」を参照してください。

構築に必要な機器 前のページへ基礎知識TOPへ次のページへ 規格について