ネットワーク構築マニュアルTOPへ
基礎知識TOPへ

無線LAN

構築に必要な機器

無線LANの構築に必要となるのは、無線LANアクセスポイントと無線LANアダプタです。

無線LANアクセスポイント

  • ブリッジタイプ
    ブリッジとは、ネットワークにおいてケーブル(セグメント)間のデータ中継を行う機器のことです。LANのブリッジとしてのみ機能するアクセスポイントをブリッジタイプと呼んでいます。ルータ機能を持たないので安価です。また、すでに有線LANが構築されている環境に無線LAN機器を増設したい場合は、このブリッジタイプを選べば良いです。
  • ルータータイプ
    ルータ機能を内蔵しているアクセスポイントをルータータイプと呼んでいます。有線LANのハブ機能が付いているものならば有線LANの混在も可能です。ルータ機能に加え、ADSLモデムまで内蔵しているものもあり、接続がすっきりしますが、光ファイバー接続(FTTH)などに変更した場合は使えなくなってしまうというデメリットも考えられます。

無線LANアダプタ

  • 無線LANカード
    無線LANカードはPCカードスロットに挿入して使用します。PCカードをデスクトップで使用するにはPCIバス対応の無線LAN PCカードアダプタが必要となります。
  • USB 無線LANアダプタ
    PCIスロットに空きの無いデスクトップパソコンの場合、USBポートに接続できる無線LANアダプタもあります。モバイル性にすぐれたスティックタイプも増えてきています。
  • メディアコンバーター
    有線LANポート搭載機器を簡単に無線化できるのがEthernet変換メディアコンバーターです。LANポートに接続して使用します。
基礎知識TOPへ次のページへ
機器を選ぶポイント