ネットワーク構築マニュアルTOPへ
基礎知識TOPへ

無線LAN

接続設定

無線LANでネットワークを構築する場合、「アドホックモード」と「インフラストラクチャモード」という2種類の接続形態があります。

アドホックモード

無線LANアクセスポイントを介せずに、パソコンのLANアダプタ同士でデータ通信を行う方式をアドホックモードといいます。無線LANアクセスポイントを必要としないので、ネットワークの構成は簡単に済みますが、拡張性に乏しく、2台のパソコン間で通信を行っている間は他のパソコンはそれらと通信ができないというデメリットもあります。

インフラストラクチャモード

無線LANアクセスポイントを介して通信を行う方式をインフラストラクチャモードといいます。アドホックモードとは違い、複数のパソコンが同時にインターネットへ接続できるので、一般的なLANの利用形態となっています。インフラストラクチャモードでは、最初に無線LANアクセスポイントの設定を行う必要があるため、有線LANアダプタやLANケーブルが必要となる場合があります。

インフラストラクチャモードの一般的な設定手順

  1. 無線LANアクセスポイントの設置
    設置場所によって、電波状況が変わってくるので、周囲に障害物の無い場所におきましょう。
  2. 無線LANアダプタの取り付け
    製品によってはドライバをインストール後に機器の取り付けを行うものもあるので注意が必要です。
  3. ユーティリティのインストール(Windows XP以外)
    暗号化などの設定を行うユーティリティ・ソフトウェアをインストール。無線LANを使用する全てのパソコンにインストールを行う必要があります。
  4. アクセスポイント側の通信設定
    アクセスポイントの設定はブラウザから行うのが一般的です。この設定を行う際には有線LANでの接続が必要な場合があります。
  5. パソコン側の通信設定
    3.でインストールしたユーティリティを用いて設定を行います。
規格について 前のページへ基礎知識TOPへ次のページへ セキュリティ