ネットワーク構築マニュアルTOPへ
基礎知識TOPへ

基礎知識

ブロードバンドルータ

ブロードバンドルータとは

ルータとは、異なるネットワーク同士を相互接続する機器のことです。ブロードバンドルータは、ルータの中でもADSLなどのブロードバンドによるインターネット接続を前提として販売されている機器です。実際に使用するときイメージとしては「インターネット」と「自宅や会社のLAN」という2つのネットワークを接続するための機器と考えるとよいでしょう。ルータを使用することにより、複数のパソコンでインターネットに接続することが可能になります。

ADSLモデムとADSLルータ

ADSLの契約をするときに、ADSLモデムとADSLルータが選択できる場合があります。ADSLルータとはADSLモデム+ルータの機能を単体で持っている機器です。

ルータは複数のLANポートがあるものが多いですが、ADSLルータは1つしかLANポートを持たないものもありますので、複数のパソコンで接続する場合には別途ハブの購入・接続が必要になります。

ADSLモデム+ルータの接続

ルータには、役割の違うLANポートが2種類あります。ひとつは「WAN側」ポートで、インターネットに接続する側になり、ADSLモデムとつなぎます。もうひとつは「LAN側」ポートでパソコンをつなぎます。それぞれLANケーブルを使ってつなぎます。

ブロードバンドルータの導入によるセキュリティ強化

ルーターを使うことにより、インターネットとパソコンが直接つながらなくなります。これでパソコンに対して直接行われる不正アクセスを防ぐことができます。

また、ルータはパケットフィルタリングという機能を持っていて、インターネットからのアクセスのうち、特定の条件を満たすデータ(パケット)だけをLANに通し、条件を満たさないデータは通さない機能です。インターネットを通じて直接パソコンに感染するコンピュータウイルスやワームなども、適切なパケットフィルタリングをすることにより防ぐことができます。

BフレッツとADSLの比較
基礎知識TOPへ