ネットワーク構築マニュアルTOPへ
基礎知識TOPへ

基礎知識

よくあるトラブル

メールが送信できない

  • メールアドレスに全角文字を使用している
  • 「User unknown」というメールが返ってくる
    アカウントの間違い。アカウントの大文字、小文字の間違い
    (相手のメールサーバまではメールは到達している)
  • 「Host unknown」というメールが返ってくる
    ドメイン名の間違い
    (相手のメールサーバが見つからない)
  • 「メールサーバに接続できません」というメッセージが出て送信できない
    →自分のパソコンがインターネットに接続できていない
    →自分側の送信サーバが機能していない

[戻る]

メールが受信できない

  • 「メールサーバに接続できません」というメッセージが出て受信できない
    →自分のパソコンがインターネットに接続できていない
    →自分側の受信サーバが機能していない

[戻る]

メールが送信・受信ともにできない

  • インターネットに接続できていない

[戻る]

知っている相手からウイルス付きのメールが送られてきた

  • メールヘッダを参照し、送付元が知っている相手ならば連絡する。

[戻る]

プロバイダからサーバにメールがいっぱいになったので消してくださいという趣旨のメールが頻繁に来るようになった

  • メールサーバのメールボックスがいっぱいになっていると考えられます。メールソフトの設定で、「サーバにメールを残す」「サーバにメッセージのコピーを置く」「メールをダウンロード後、メールボックスから削除」などの、メールをサーバに残すか残さないかの設定を確認し、サーバにメールを残さないようにします。

Outlook Express での設定例

[戻る]

海外にメールを送ったら文字化けしてしまった

  • 日本語の入力を避ける
    →受け取る相手のパソコンに、日本語用のフォントが入っていないと文字化けが起こります
  • HTMLメールを送る場合はフォントに気をつける
    →MSPゴシックなどの日本語用フォントは避け、Arialなどの欧文フォントを使用します

[戻る]

ホームページが表示されない

  • インターネットに接続できていない
  • ホームページを公開しているサーバが機能していない
  • ホームページアドレス(URL)が間違っている

[戻る]

インターネットに接続できない

  • 機器の接続が間違っている
  • パソコン側のインターネット接続の設定が間違っている
  • プロバイダ側のメンテナンスや障害が発生している
    →プロバイダに問い合わせます

[戻る]

モデム・TAが使用できない

  • 電源が入っていない
  • ケーブルの断線、接触不良がおきている
    →可能であれば、他のケーブルを使って確認します
  • パソコン側からモデム・TAを認識できていない
    →モデム・TAの説明書を確認し、設定を確認します
    →設定が正常な場合は、ドライバを再インストールします

[戻る]

インターネットへ接続してもすぐに回線が切断されてしまう

  • プロバイダ側のメンテナンスや障害が発生している
    →プロバイダに問い合わせます
  • 電話回線の品質が低い
    →通常の音声通話(普通の電話)がきちんとできているのに、このようなことが起こる場合は電話回線そのものの品質が低い場合があります。
     ダイアルアップ先の電話番号を自分の携帯電話番号などにし、発信できているか確認します。できていない場合は電話回線の品質に問題があるかもしれませんのでNTTに問い合わせます。

[戻る]

ダイアルアップ環境で、電子メールしか使用していないのに電話料金が月額20,000円を超える

  • ソフトウェアが自動的にインターネットに接続している
    →ソフトウェアの中には、起動時に自動的にインターネットに接続するものがあります。ウイルスやスパイウェアのように悪意のあるもの以外にも、更新情報等を自動的に得ようとしてインターネットに接続する場合があります。
     このような場合は「スタート」→「コントロールパネル」→「ダイアルアップネットワーク」→「(接続のアイコン)」をダブルクリックして開き、「自動的に接続する」のチェックをはずしておきます。

「自動的に接続する」のチェックをはずす

[戻る]

ADSL、Bフレッツ環境で特定のサイトに接続できない

  • 標準構成では使用しないルータを使用したときにMTUの差により発生
    →「パソコン - ADSLモデム」や「パソコン - メディアコンバータ」(Bフレッツ)のように、標準の構成ではルータの使用を前提としていない接続の場合に、「パソコン - ルータ - ADSLモデム」のようにルータを導入した構成をすると発生します。
     [ パソコン - ルータ - ADSLモデム - (インターネット) - WEBサーバ ]の間において、MTUと呼ばれるデータサイズに関連する数値の違いがこのようなトラブルを引き起こします。
     ファームウェアのアップデートで正常に使用できる場合もありますので、ルータのメーカーサポート窓口などに問い合わせてみましょう。

[戻る]

インターネットエクスプローラーを立ち上げると最初の画面(いつも見ている画面)は見ることができるが、他のサイトに移動ができない

  • 「オフライン作業」の状態になっている
    →何らかの理由でインターネットに接続できなかったときは、「オフライン作業」へ自動的に変更されます。
     インターネットに接続できる状態ならば、メニューバーの「ファイル」→「オフライン作業」をクリックすると、他のサイトへ移動できるようになります。

オフライン作業(オフラインの場合はチェックがある、クリックして解除)

[戻る]